しまなみに想いをはせて

 いよいよ明日は「しまなみ海道100kmウルトラ遠足」。僕の仲間ではヘンリーさんとイクシーさんが参戦します。去年参戦した時にはあんなに辛くて、「もうウルトラはやめよう」「もうブログはやめよう」とさえ考えていたのに、今年のその日が近づいてくるほどにあの10時間と少しの時間が楽しくてたまらないと思えてきてなりません。

 今日は短めゆっくりめの疲労抜きジョグ。6’30/kmで走りました。途中速い動きを意識して200m流しを6本(つなぎ200mジョグ)行いました。
 気分としてはリラックスモードだったので、今日はipod shuffleで去年のしまなみを走った後に作ったプレイリストを聴きながら走りました。去年のしまなみでは後半が雨になり、その印象が強かったので雨を歌った曲を集めたのでした。こんな曲が入っています。

1.Have You Ever Seen The Rain by CCR
2.Let It Rain  by Eric Clapton
3.Rain by The Beatles
4.あじさいのうた by 原由子
5.Some Days Are Made For Rain by Aaron Neville
6.Shadows In The Rain by Sting
7.And It Rained All Night by Thom Yorke
8.Purple Rain by Prince 
9.雨上がりにもう一度キスをして by サザンオールスターズ
10.Early Morning Rain by Paul Weller
11.Rainy Night In Georgia by Brook Benton
12.Have You Ever Seen The Rain? by Kuwata Band
13.Diamonds Made From Rain by Eric Clapton
14.雨に泣いている by 柳ジョージ&レイニーウッド
15.ポカンポカンと雨が降る(レイニーナイトインブルー) by サザンオールスターズ
16.Come Rain Or Come Shine  by Eric Clapton & B.B. King
17.雨上がりの夜空に by RCサクセション
18.A Hard Rain's A-Gonna Fall  by Bob Dylan
19.Rhythm Of The Rain by  The Cascades
20.東京  by 桑田佳祐
21.Over The Rainbow [Live]  by Eric Clapton


みなさんがご存知の曲はあるでしょうか?うーん、古い曲ばかりだ・・・(^-^;? この梅雨の時期、しまなみに想いをはせながらこんな曲を楽しみたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
 明日は朝からチームのみんなと「しまなみ応援30km走」を行う予定です。遠く離れた山口・周南からエールを送りますv(^-^)b


※今日の体重
朝(朝食前) 63.3kg
夜(ラン後夕食前) 63.3kg 

■今日のラン
jog 8.3km  49分30秒(5’57/km)
シューズ:アデイゼロJapan
今月累計 85.8km


今日もクリックお願いします!


JUGEMテーマ:マラソン・ランニング

虹の向こうへ♪/しまなみ海道100kmウルトラ遠足(5)

 今日はチームの練習会で、ともにしまなみを走ったメンバー、地元で頑張って走っていたメンバーとの再会を果たしました。

 ランニングのようなペース配分はほとんどせずに書いているので、今回はコントロールが効かず、やたらと長くなっています。今回でいよいよ完結予定。もうしばらくおつきあいください。

 80kmのサインを過ぎるとそこは吉海町バラ公園のエイド。きれいなバラの花が咲き誇っていますが、それを楽しむ心の余裕はもうありません。給水、給食、小用を終えそそくさとスタートしようとすると、またもここにacoさん登場!今思えば颯爽とした彼女の姿をカメラに押さえておけば良かった。僕はママチャリに乗った観光客風情を想像していましたが、完全に想像を裏切る、ハイスペックマシンを操るスポーティなサイクリング姿でした。ここでの別れ際、「コーラは要りますか?」と聞かれ「お願いします!」「来島海峡大橋を渡る前がいいですか?あとがいいですか?」「どちらでも!」とやりとりし、ここからはacoさんのコーラを楽しみに走り続けます。

 彼女が伝えてくれたヘンリー・イクシー情報では、70kmの伯方島のエイドではヘンリーさんと10分、イクシーさんと20分だったか、その逆だったか、ヘンリーさんが言うように「乳酸が脳にまわって」よく覚えていませんが、まだ結構開いているようです。でもヘンリーさんのことですから、差がわかれば懸命に追いかけてくることでしょう。特に常々エイド滞在時間の短縮を説く彼は、おそらくエイド利用を極限まで簡略化して1ヶ所のエイドで1〜2分短縮、あと4か所エイドがあるとするとそこだけで10分はつめられるな、やっぱりゴールまでに追いつかれるかもしれない、さらに地力に勝るイクシーさんもそろそろ追いついてきそう、などど考えながら走っていました。
 でも、このあたりで感じていたのは、もう他人との勝負がどうのこうのというより、このレースは自分との闘いだ、歩きたい、休みたい、やめたいという欲求への抗い、最後に自分で頑張ったと思えるかどうか、それだけです。
 
 ここは大島。残すは全長4kmの来島海峡大橋を渡れば四国・今治です。このあたりでは、道路標識に「来島海峡大橋まであと●km」という表示が見られるようになってきました。道にひかれたサイクリングロードの青いサインに書かれた残りの距離が「今治まであと15km」とか、だんだんやる気の出る数字になってきました。

●85km  37:29(7:30/km) 8時間28分06秒

 いよいよ残り15km。萩往還で言うと佐々並エイドの手前です。ここまでくるとあと少しという感じがしてきます。




 来島海峡大橋の姿がだんだんと大きく見えるようになってきます。

 来島海峡大橋の入り口の少し手前でまたacoさん登場!橋の前でもあとでもどちらでもと言ったものの、渡ってしまえばあとすこしだし、橋の手前で給水してくれると嬉しいなあと思っていたところ、絶妙のタイミングです。しかもお願いしていたコカ・コーラだけでなく、MATCHとリアルゴールドをそろえて(他にもあったかな?)「どれがいいですか?」
 ちょっと迷ってMATCHを選択。最高に美味で、一気に飲み干しました。あれからMATCHが大好きになりました。acoさん、重ね重ねありがとう!
「ヘンリーさんとイクシーさんを待ってから行くのでなみのりさんのゴールに間に合わなかったらごめんなさい」というacoさんにお礼を言い残し、いざ最後の橋「来島海峡大橋(くるしまかいきょうおおはし)」へ!

 ここまで来るとかなり気持ちが再び高まってきました。しかし!最後の最後でまた高所恐怖症にとって驚愕のポイントが!来島海峡大橋へ登っていくサイクリング(歩行者兼用)ロードはまるで空中回廊のような、宙に漂うような細いらせん状の道。これがまた怖い!視線を上げず、1m前のアスファルトだけを凝視して上ります。またこれが長い!


 橋に上がってからも、なんだか怖さが癒えぬままに走り続けました。90kmのポイントはこの橋の上ですが、橋の上には表示サイン等を設置することができないため、ここも距離表示はありません。僕は85kmポイントからのラップタイムで大体キロ7分で計算しながら35分のあたりで「この辺が90kmだろう」と見当をつけ、「残り10km。萩往還なら首切れ地蔵のある旧道から日南瀬の県道へ入ったあたり!(こんな書き方しても誰もわからないでしょうね(^-^;」と気合を入れなおします。ラスト10kmはちょっと頑張ってペースアップ!

 車道には100mごとに距離表示があります。これを利用してタイムを計ってみると、大体キロ6分〜6分15秒で走れています。事前の想定では、また50km〜55kmのヘロヘロ区間の様子からは、残り10kmになってもこれほど走れるとは予想外でしたが、ここまで来て最後にまた復活してきているようです。
 全長約4kmの来島海峡大橋を約26分(キロ6:30)で渡り切りました。ついに四国へやってきました。朝5時に福山をスタートし、この辺で大体午後2時半くらい。使ったのは自分の足だけです。昼過ぎからちらほら降り始めた雨が、このあたりでは徐々に本降りになってきています。
 橋を渡り終えるとエイドがあってあと8km。もう水浴びの必要がないほどの雨が降りしきっています。アタマの中で鳴り続ける“Somewhere Over The Rainbow”. どうやら虹を見ることはできなさそうですが、虹の向こうへかなり近づいてきたような気がしました。
 あと6km。萩往還なら板堂峠。

●95km  1:09:06(6:54/km) 9時間37分13秒

 さあいよいよ後5kmです。だんだんと今治市の市街地に入ってきます。考えようによっては、このあたりはサブ10に届かず失意の中とぼとぼと走るような人もいるかもしれませんが、僕にとっては予想以上のタイムで、どうやらヘンリーさんやイクシーさんにも初めて先着できそうです。自分のイメージとしては意気揚々と今治の市街地を駆け抜けていきました。でも実際はヘロヘロの走りだったと思いますが。

 商店街を駆け抜け、今治城(ヘンリーさんから聞きましたが以前はここがゴールだったそうです)を通り抜けます。残り2kmの表示があると聞いていましたが見つけることができず。今治城を抜けたところに残り1kmの表示が!ここからさらにペースアップ!ラスト1km6分を目指します。もしかすると10時間10分が切れるかも!という微妙なところです。
 ところがここで痛恨の信号待ち!約30秒ロスしてしまいました。そして最後の右折ポイントを間違えそうになってスタッフの方に教えていただきました。そのスタッフが「あと200m!」と声をかけていただき、ラストスパート!無我夢中で誘導されるがままに、それでもゴールの向こうでカメラを構えているのがわかったので会心のガッツポーズをつくってフィニッシュ!涙はなし。ただただ「やりきった」「走り切った」という充実感・達成感に満たされた瞬間でした。しばらく時計を止めるのを忘れていたほどの放心状態でした。

 ゴールしてすぐに主催者の海宝さんが握手してくれて、「いや〜最高だったね!◎□×△○・・・・!!!」と何か早口で興奮気味にまくしたてていましたが、僕は何のことかわかりませんでした。やはり脳にかなり乳酸がたまっていたのか?

 自分の時計では10時間10分45秒でしたが、後で確認したところ10分39秒が正式なタイムだったようです。

 さてヘンリーさんは?イクシーさんは?ここでしばらく待っていましたが、5分ほどたっても来ません。雨に濡れた身体が冷えて来たので先に着替えさせてもらうことにしました。汗と雨を拭き、Tシャツとジャケットを着て再びフィニッシュ地点へと向かっているとヘンリーさんがすでにフィニッシュしていました。ヘンリーさんは僕の人相が変わっていたとかで近づいてもなかなかわかってくれませんでした。

 ここからしばらくの記憶がありません。この間にacoさんが来てくれて、イクシーさんがゴールして、みんなでフィニッシュ地点のテクスポート今治の中で語らいながらスマイルkaoさんを待っていたように思います。どこからのどういう情報だったか、おそらく彼女は14時間〜15時間くらいでゴールできそうだという予測のもと、いったん僕たちはホテルに行って汗を流すことにしました。
 が、acoさんは雨の降りしきる中、走ってびしょ濡れkaoさんを迎えに行くと言います。仲がいいなぁこの二人、とちょっとうらやましくなりました。迎えに来てもらえるkaoさんも、そこまでやさしくなれるacoさんも。

 いったん解散し、僕とヘンリーさんはホテルの大浴場で汗を流して再び会場へ。戻るともうacoさんがゴールで待ち構えていて今にもkaoさんがフィニッシュ寸前!思ったより速いじゃないか!
 びしょぬれkaoさんは過去2回このしまなみに挑戦しながら、1回目はフィニッシュしたもののタイムオーバー。2回目は75kmでリタイアでしたが、今回3回目の挑戦で今度こそ念願の時間内完走を誓っていました。結局びしょぬれkaoさんは最高のスマイルkaoになって14時間ちょっとでゴール!ゴールしたあとは、感極まってすぐに最高の泣き虫kaoになりましたとさ。

ここで4人で撮ったのが、しまなみ当日の速報でも掲載しましたが、こちらの写真


 僕たちの伝え方が悪くてイクシーさんはここに間に合いませんでしたが、このあとしっかり落ち合って念願の寿司屋さんでみんなで打ち上げをしました。ヘンリーさんはこの後のことが書きたいみたいですが、僕はレースに関係ないことは書かないで、とお願いしてます(^-^;

 こんな風に僕の初・しまなみ海道100kmウルトラ遠足は始まって、終わりました。最後にもう一度、初挑戦のコース、距離にも関わらず思った以上の走りができたのは、旅の段取りをすべてやってくれて僕をレースに集中させてくれただけでなく、さまざなま情報提供、アドバイス、心理戦、攪乱作戦(?)で僕を導いてくれたヘンリーさんのおかげです。またコース上で何度も応援してくれたacoさんの存在は、どんなエイド、サプリよりも元気を与えてくれました。魂の水MATCHの味は忘れません。またスマイル・ずぶ濡れ・泣き虫kaoさんの朗らかな性格と真摯な姿勢はランナーとして尊敬に値するものがあります。特に今年に入ってからの向上ぶりには目を見張ります。これからも切磋琢磨して行きましょう。イクシーさんはブログで知り合った仲でありながらすでに我がチームの準・メンバーといえるほどチームでもおなじみの存在になりました。これからもそのパワフルな「オレ流調整」全国駆け巡ってください。僕たちの練習会にもよろしければぜひ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 いやいやみなさん、今回はまた長くなってしまってすみません。

 レースもブログも、とんでもなく疲れました。 今は脱力感でいっぱいで、心身共になかなか次へ向かうモードになりません。
 ちょっとおやすみをいただこうと思います。


■今日の練習
jog 10.8km
軽いストレッチ
今月累計 111.2km


ありがとうございます。今日もクリックお願いします。
人気ブログランキングへ


JUGEMテーマ:スポーツ
 

虹の向こうへ♪/しまなみ海道100kmウルトラ遠足(4)

 しまなみ海道100kmウルトラ遠足から3日空けて、今日は久しぶりにちょっと走ってみました。疲労具合を確認してみようという感覚です。約8kmでしたが、気持ちよくゆっくりと走ることができました。でも走り終えて帰宅してみるとやっぱりまだ疲労感がしっかり残っているようです。しばらくは慎重に回復させていきたいと思います。

 さて、「しまなみ海道100kmウルトラ遠足」の完走リポート、続きです。
 
 ようやく長い道のりの半分を超え、今思えば一番辛かった50km〜55kmのヘロヘロ区間を乗り越え、少しばかり元気を取り戻しながらの「多田羅大橋」。
 60kmのポイントはこの橋の途中にあり、橋の上には看板も何も設置することができないため、60kmの距離表示はありません。90kmも同様です。このあたりではすでにガーミンもバッテリー切れになっていたので、僕は大体キロ7分で進んでいると想定して、区間のラップタイムを見ながらだいたい今何キロあたりと目安をつけながら進んでいました。


 「多田羅大橋」も先ほどの「生口橋」と同じく大丈夫でした。ここも気持ちよくわたることができました。



 ふくらはぎの重さもかなり解消され、少しペースもまた上がっているようです。でもまだあとフルマラソン1本分、と考えると気分的には全く盛り上がりません。辛い辛い辛い。そんな思いばかりだったように思います。時々ふくらはぎやすねの外側あたりにピリピリっと軽い痙攣が走ります。
 頼む!脚よ最後までもってくれ!

 この橋を渡り切ると61.4kmの大三島ICエイド。どこのエイドも我々ランナーが到着すると拍手で「お疲れ様〜」と温かく迎えてくれて、エイドに立ち寄るのが本当に楽しみです。特にここのエイドだったと思うのですが、いきなり子どもが駆け寄ってきてびっくり!なんだと思ったら濡れたおしぼりを持ってきてくれたのです。これにはヤラレました!感動です。
 時刻でいうとこのあたりでおそらく10時40分前後。だんだん暑さを感じるようになっていました。いつからか、エイドでは給水、給食と水浴びが必須になってきました。

 65km地点にやってきました。タイムをチェックすると、55kmからの10kmが1時間0分1秒。距離が正確かどうかわかりませんがちょうどキロ6分です。橋への上り下りやエイドでの小休止を考えると、走っている間はキロ5:30くらいで走っていたと推測できます。苦しかった50km〜55kmの区間がキロ7分くらいかかったことを考えると随分と回復したものです。
 また、どういう計算をしたのかよく覚えていませんが、このあたりでなんとなく10時間10分〜15分くらいのフィニッシュタイムを意識しはじめていたような気がします。

●65km  1:00:01(6:00/km) 6時間6分34秒

 このあと5つ目の橋「大三島橋」を渡り伯方島へ入ります。

ここも広くて走りやすい橋です(^-^)v



 時々気になっていたのがチームメイトのこと。ヘンリーさんは今どのあたりを追ってきているんだろうか。いつ追いつかれるんだろうか。スマイルkaoさんはまたどこかで泣き虫kaoさんになっていないだろうか?そしてイクシーさんは?もしかしてどこかのエイドで気づかない間に抜かれてしまったのか?
 もう一人気になっていたのが、最強応援団のacoさん。彼女はこの日の朝我が周南を出発して約200kmの道程をクルマで走って、尾道からはレンタサイクルに乗り換えて、僕たちと同じこのしまなみ海道のどこかを僕たちを追いかけて疾走しているはずです。いわば壮大な鬼ごっこ?そんなにうまく出会うことができるのか?過去2回、ヘンリーさんやkaoさんが走った時には2回とも見事に失敗しているそです(^^; 大丈夫かいな・・・?この日は、ランナーの応援やそうでない人も含めて多くのサイクリングを楽しむ人たちがコース上をすいすいと走っています。自転車に抜かれるたびに「おっ、acoさんか!?」と期待しますが、違います。こうなったらこのまま逃げ切ってやろうか、とか考えていた66km過ぎ、エイドでの補給を終えてリスタートした直後だったと思いますが、後ろから「見ーつけた」という聞きなれた声が。どうやらこの人は本気で鬼ごっこをしていたつもりなのでしょうか?感動の出会いというにはわりとあっさりしたトーンでしたが、ついに出会うことができました!何しろ僕は直前のエイドで並んでいたコーラを目にして思わず手が伸びそうになりましたが、「待て!コーラはacoさんが用意してくれるはずだ!」と思い出して思いとどまったのでした。
 こんな苦しいところで出会うことができて、これでなみのりはすっかり息を吹き返したのでした。acoさん、いつもありがとう♪

このあたりでacoさんがとってくれたのがこちら。

                                               photo by aco
 acoさんは、元気を与えてくれただけでなく、貴重なヘンリー・イクシー情報も与えてくれました。30分くらい前に、この前のエイドで出会ったとのこと。今思えば大体僕が通過した時間の約20分後だったということになりますが、聞いた時はアタマも疲れているので時間差と距離差を整理できず、よくわかりませんでしたが、思っていたよりは離れていることを知りました。kaoさん情報も聞いたと思うのですが、よく覚えていません・・・(^^ヾ ただ元気に走っていることはわかりました。まだ泣き虫kaoにはなっていないようです。

 そしていよいよやってきました噂に聞く「伯方SCパーク」エイド。ここがほぼ70kmのポイントです。

●70km  35:36(7:04/km) 6時間42分10秒

 このエイドでは、近いづいてくるランナーのナンバー・名前・県名を読み上げて、歓迎・激励のコメントや温かい拍手とともに迎えてくれます。こんな待遇のエイドはないのではないでしょうか?

                                               photo by aco

 このエイドでも、給水とともに梅干し、レモン、はっさく、そうめんなどをほおばりました。たくさん食べると胃に負担がかかるので、少しずつでも食べ続けることがウルトラを走り続けるためのポイントでしょうか?給水は、いつしかスポドリよりもお茶を欲するようになっていました。

                                               photo by aco
 スタッフが水浴びもしてくれます。なんかこの写真、笑えます(^-^;
 acoさんはここでも待ってくれていました。あとで聞くと、ここのエイドだったか、この日は選手ではないacoさんも温かいスタッフのはからいでエイドの給食にありついたそうです。

 さあ、70kmを過ぎて残り30km。ということは、僕にとっては走り慣れたあの萩往還の萩→山口の片道ほどの距離を残すのみ、ということになります。ここからはアタマの中で残りの距離を萩往還のコースに見立てて、「今明木あたりか」「一升谷か」「佐々並か」といった風に置き換えながら走っていました。その方が自分の中では残りの距離感がつかみやすい気がしたのです。

 この間に6つ目の橋「伯方大島大橋」を越え大島に渡りました。なんだかこのあたりではもう写真を撮る気力もなかったような気がします。

 このあたりは平坦な海岸線をずっと走っていたように思います。75km手前で僕を抜いて行ったランナーが、この先に100mくらい上る難所がありますよ、と教えてくれました。そういえば親切な(?)ヘンリーさんがそんなことを言って様な気もします。萩往還・一升谷を舗装したみたいな坂だと。

●75km  32:45(6:33/km) 7時間14分54秒

 70km〜75kmの区間は結構いいペースで走れていたようです。
 75.6kmのエイドをリスタートして2kmくらいでしょうか。その上りが表れました。確かに長い上りです。でもここはあの萩往還・一升谷を思い出しながら、「あれに比べれば大したことない」と言い聞かせ、じっくりゆっくり走り切りました。
 とにかく今回、100kmという距離に挑戦するにあたり、とにかく走り続けることは一つの目標としていました。萩往還のようなコースではどうしても歩いてしまうところがありますが、それほどのアップダウンでもないこのコースでは、以前読んだ村上春樹氏の本にもあったように、とにかく「歩くために来たのではない」ということを自分の中の一つの基準とし、実際橋に上る階段やエイドや信号待ちの小休止を除いては、歩くことはありませんでした。

 この上りを越えるともうすぐ80kmです。萩往還でいうと一升谷が終わろうかというところです。ここでちょっと道を間違えそうになりましたが、先ほどの、上りを教えてくれたランナーがここでも道を教えてくれてなんとか間違えずにすみました。

●80km  35:43(7:09/km)7時間50分37秒

 この区間も上りがあった割にはまずまずのペースでしょうか。残り20kmをキロ7分で行けたなら10時間10分台。このあたりでようやくはっきりと記録のことを意識するようになったでしょうか。

 今日も長くなってすみません。明日に続く→→→


■今日の練習
jog 8.4km 50分30秒(6:00/km)
軽いストレッチ
今月累計 108.4km


ありがとうございます。今日もクリックお願いします。
人気ブログランキングへ


JUGEMテーマ:スポーツ
 

虹の向こうへ♪/しまなみ海道100kmウルトラ遠足(3)

 しまなみ100kmが終わって3日目。ようやく筋肉痛も弱くなってきましたが、まだまだ筋肉の芯の方に疲労感がたっぷり残っているようです。今日で3日連続の休足日となりました。

 さて、それではなみのりの「しまなみ完走レポート」の続きです。

 ここまで快調に来た100kmの序盤ですが、30km過ぎの因島大橋は、高所恐怖症のなみのりに与えられた、いわば最初の試練でした。2段になった橋の上段が自動車道、下段が原付と自転車・歩行者道で、こんな感じになっています。

ちなみにこの写真は僕が撮ったものではなく、ネット上にあったものを拝借しました。

 こんな風に道幅が狭く、両サイドの金網を通して下の景色が丸見え。ホントは我々ランナーは歩行者としてこのグリーンの部分を走らなければならないのでしょうが、足がすくんでしまいそうなので、僕は前後に原付が来ないのをいいことに、広い方の黒っぽい路面の方、できるだけ真ん中に近いところをゆっくりと走りました。前を向くと視界が広くなるので、視線を落として、できるだけ周りが視界に入らないようにして、ゆっくりと進みました。
 「オーシャンビューを楽しみたい♪」なんてのんきに言ってた自分のアホさ加減に嫌気がさしました。これからずっと橋を渡るたびにこの恐怖と闘わなければならないのか?もうやめて帰ろうか!?とか考えながら何とか渡り切りました。ふーっ・・・・(_ _ゞ

 因島大橋を渡ると2番目の島、因島(いんのしま)です。34.7kmの因島・アメニティ交流館は大きなエイドでした。スポーツドリンクだけでなく、ここだけで飲むことができるしぼりたてのみかんジュースは最高でした。他にも、はっさくや梅干しやプチトマトなどいろんなものがあっていたれりつくせり。思わずしばらく休憩していきたくなります(^-^;
 今回、エイドではできるだけくだものなどを少しずつでも摂取するように心がけました。ウルトラをたくさん経験しておられる方には常識だと思われるリクツを少し。フルマラソンではエネルギーとなる糖分を枯渇させないようにカーボローディングをしたりします。しかしウルトラではあまりカーボローディングについてうるさく言いません。それは、ウルトラの距離となると体内の糖分を枯渇させずに走り切ることはそもそも不可能(体内の糖分はカロリーにして最大1800kcalほどで、体重60kgの人なら最短約30kmで使い果たす計算)なので、レース途中でうまく糖分やミネラルを補給しないと走り続けられないのです。胃腸のトラブルなどで補給ができないとエネルギー切れを起こして走れなくなってしまうというわけです。
 自分としては、酷使する筋肉を修復するアミノ酸サプリと痙攣予防の塩サプリは定期的に補給しつつ、エイドではフルーツや炭水化物を少しずつでも毎回補給することでエネルギー切れを防ぐ作戦、というわけです。

 40kmが近づいてきました。アタマの中ではエリック・クラプトンの“Somewhere Over The Rainbow”が鳴っています。なんだか、今回の10時間の間中ずっとこの曲がアタマの中で鳴っていたように思います。あれから3日間、今でも毎日聴いています。

 フルマラソンに近い距離。練習でもめったに走ることのない距離。さすがに疲れをはっきりと感じるようになってきました。
 
 このコースはしまなみ海道のサイクリングコースをほぼ踏襲していて、道にずっとサイクリングコースを示す青いラインが引いてあります。またところどころに「今治まであと●●km」と表示されています。このあたりでたまたま「今治まであと60km」とかいう表示を見て、「40kmも走ってこんなに疲れたのにあと60km!!!???」と絶望の暗闇に突き落とされたような暗い気持ちになりました。この絶望感はウルトラならではです。もう100kmの大会なんてやめよう、と思いました。

●40km  55:55(5:35/km) 3時間27分33秒

 フルマラソンの距離、42.195kmは自分のガーミン405でチェックすると、大体3時間38分くらいでした。平均ペースはキロ5:10ほどです。疲労も強くなってきたし、さすがにこのペースはやり過ぎだろうと、ちょっとペースを落ち着かせることに。とにかくアタマにあったのは、前半はキロ5:30平均ということですが、この調子なら少し余裕を持って設定ペースを刻めるか?エイドの度に後続を確認しますが、ヘンリーさんもイクシーさんも来てる様子がありません。おかしいなぁ・・・


 写真はおそらく因島のどこか・・・よく覚えてない・・・(^^;

 40kmを過ぎるとまた橋です。さっきの因島大橋が怖かったので橋に上るのがなんだか憂鬱です。
 3つ目の橋「
生口島大橋」を渡って生口島(いくちじま)へ。





 この3番目の橋は、驚いたことに、大丈夫でした!写真のように広い自動車道の脇に歩行者・自転車道路と原付道路が併設されていて、道幅も広く、ほとんどストレスなく、あっけないほど気持ちよく走れました。さっきの橋は足がガクガクしそうだったのに、この違いは何なのか自分でもよくわからない・・・(^^;

 疲労感がかなり強くなってきました。特にふくらはぎがパンパンです。萩往還70kmの後半を思い出しました。まだ半分も行かないのにこんな調子じゃ、後半はいったいどうなってしまうんだろうと、だんだん弱気の虫がアタマをもたげてきます。
 49.6kmの「B&G海洋センター」が中間点エイドです。やった!ここで少し休める!ここまでのエイドは給水とちょっとしたフルーツの補給程度で、だいたい30秒〜2分くらいで通過していましたが、ここでは少し休むことにしました。預けておいた荷物からアミノバイタイルプロなどのサプリメントをウェストポーチに詰め、疲れてきたふくらはぎにエアサロンパスを噴射。もちろん給水。そしておにぎり1個と梅干しやレモンを少々。このあたりでは暑さもだんだん堪えるようになってきたので水浴びをしてリフレッシュ。なんだかんだでここでは約6分間過ごしていました。
 このエイドに着いた時間がトータル4時間20分。出発したのが4時間26分くらいです。ここで休んでいる間にヘンリーさんとイクシーさんが来るだろうと思っていましたが、二人とも来ません。そんなに差がついているとは信じられませんでしたが、あまり休んでもいられないのでほどほどにリスタート。
 ここを出てしばらく行くと50kmポイント通過です。

●50km  1:01:17(6:08/km) 4時間29分51秒


 海洋センターを過ぎて再び元気を取り戻したかと思ったのもつかの間でした。50kmを過ぎて1kmか2kmも行かないうちに激しい疲労感に襲われました。ちょうど生口島の市街地「
平山郁夫美術館」のあたりだったと思います。小さな公園の公衆トイレに入りました。用を足したいというより、休憩したかったような気がします。今回最初で最後でしたが、自販機でドデカミンを買って、立ち止まって飲みました。喉が渇いたというより、休憩したかったのだと思います。さっきまで休憩していたのに。バス停を見ると、ここでレースをやめてバスに乗って今治まで行こうかと考えていました。
 このほんの数キロの間に随分たくさんのランナーに(たぶん10名くらい)抜かれました。ペースもいつのまにかキロ7分くらいに落ちています。10kmほどの間に、快調に感じていたのが嘘のような絶望的な疲労感です。しかもこの状態でまだ半分を残しているとは!こんな絶望感との戦いがウルトラならではなのでしょうか?もうウルトラなんて嫌だ〜!

 苦しみにあえぎながら海岸線を走っているうちに、確か55kmのポイントがあったような。

●55km  36:41(7:20km) 5時間6分32秒

 55kmを過ぎるとサンセットビーチという僕好みのきれいなビーチのエイドにたどり着きましたが、このあたりのことはほとんど覚えていません。こんな調子じゃいったい後半どうなるんだ〜?無事にゴールできるのか?と不安になります。

 ただ、55kmを過ぎるとなぜかわかりませんが、また少し元気が出てきて、ペースも上がってきました。海洋センターでのおにぎり等の補給の効果がようやく出てきたのでしょうか?
 いつか聞いたことがありますが、「ウルトラは復活しながら走る」のだとか。わけわかりませんが、確かに50km〜55kmはもうどうしようもないほどヘロヘロになっていたのに、足取りがまたしっかりとしてきたことを実感できるようになってきました。また走るのが楽しくなってきました。



 そうして、4つ目の橋「多田羅大橋」を渡り大三島へ。

 明日へ続く→→→→

■今日の練習
休足日 0km
軽いストレッチ
今月累計 100km


ありがとうございます。今日もクリックお願いします。
人気ブログランキングへ


JUGEMテーマ:スポーツ


虹の向こうに♪/しまなみ海道100kmウルトラ遠足(2)

 さて、昨夜はスタートした途端に終わってしまってすみませんでした。「第13回しまなみ海道100kmウルトラ遠足」の完走レポートを早速始めます。

 2013年6月1日土曜日朝5時に福山城をスタート。

 スタート地点はヘンリーさんの情報通り、幅3mほどの横断幕がしいて言えばスタートのゲートでしょうか。この間をくぐって、すぐに城の石畳の階段を下りて一般道に出ていきます。
 ヘンリーさんは勝手知ったる我が道、とばかりにするするっと前へ出ていきます。こりゃ速すぎる!と思いましたが、とりあえずここはヘンリーさんを追走。しばらくいって市街地の信号待ちで追いつきました。ヘンリーさんは信号待ち以外すごいペースで突っ走って行きます。たぶんキロ4:30くらい?なんでそんなに飛ばすのかと思ったら、どうやら信号待ちのロスタイムを避けるために前方の信号のタイミングを計りながら急いだりペースを緩めたりしているようです。
 僕は、そうペースを上げたり緩めたりしていると逆にエネルギー(グリコーゲン)の消費を早めてしまうような気がしたので、ある程度一定のペースで走るように心がけていました。するといつの間にか僕の方がヘンリーさんより前に出ていました。
 コースは国道2号やその脇を並行して走る旧道のような道を中心に、福山から尾道へ一路西へ進みます。まあその内ヘンリーさんが追いついてくるだろうと予測しつつ、キロ5:00〜5:15くらいのペースを心がけます。


 5kmを過ぎるとトンネルをいくつか通り抜けます。信号待ちで一緒になったグループが話しているのを聞いていると、どうやらサブ10を目指しているとか。「こんな人たちに着いていたら後半大変なことになりそうだ」と思いつつ、このあたりは確か下り基調で、楽に走っていてもなんだかペースが上昇気味。ガーミン405でペースをチェックすると下りとはいえ4:35くらいまでペースが上がっています。

 そんなこんなで、そろそろ尾道。いよいよしまなみ海道が近づいているようです。道路標識にも「しまなみ海道」の文字が見られるようになってきました。



 この大会の特徴のひとつにエイドの充実があるのではないでしょうか。ほぼ5kmごとにエイドが設置されています。このあたりでは朝の5時台6時台にもかかわらず、しっかりとエイドが運営されていて、ありがたい限りです。

●10km  51:44(5:10/km)
●20km  48:13(4:49/km) total 1:37:57


 さて、尾道からいよいよしまなみ海道へ。楽しみにしていたオーシャンビューはどんな風に目に映るのでしょうか?

 まずは、最初の橋「尾道大橋」を渡って向島(むかいじま)へ渡ります。ヘンリーさんから事前に聞いてはいましたが、橋はすべて一般道より数十メートル高いところにあり、橋までは長い階段かクネクネ道を上って行かなければなりません。ここは階段でした。ちょっと萩往還を思い出しながら、無理せず歩いて上りました。



 写真のように、尾道大橋は歩道が狭い上、橋を吊る太いワイヤー(?)を歩道に固定しているため、危ないし走りにくくてしょうがありません。


 でも景色はこんな感じ。海・空・島・田舎町・鉄道。天気が良ければ最高の景観ですね。

 さて、走りにくいしサブ10グループとは離れてしまったし、自分のペースを取り戻そうと、前半はキロ5:30平均という設定を思い出してペースをコントロールします。

 階段で歩いたり、エイドでの小休止でのロスタイムがあるので、走っている間は大体5:00〜5:15くらいのイメージで走り続けます。もちろん、まだ頑張る段階ではないのであくまでも楽に、最近意識している、接地を柔らかく、身体の真下より少し後ろに着く感覚で。それでも30kmが近くなってくるとだんだんと疲れを感じ始めました。特にふくらはぎがなんだかだるくて重い感じ?
 ちなみに補給ですが、ウェストポーチにアミノバイタルプロ×3、塩サプリ×3。これを20kmから10kmごとに摂取。さらにザバス・ピットインリキッド×1。これらが前半の分で、後半の分は中間点行きの荷物に入れてあります。予定通りこれらサプリ系も補給しました。またエイドではスポーツドリンクをいただきつつ14.9kmエイドではスイカもいただきました。

 そして30kmを過ぎ、また階段を上り、2つ目の橋「因島大橋」を渡り因島へ。この橋は、何というのでしょうか?いわゆる歩行者道が車道の下を通っているタイプの橋です。僕たちはもちろん歩行者道を通りますが、ここで驚愕の事実が!

 ここに来るまで忘れていましたが、僕はれっきとした高所恐怖症でした!歩道の幅しかない(普通の歩道よりはかなり広くて、たぶん幅3mくらいでしょうか?)橋は・・・メチャメチャ怖い!!

●30km  51:41(5:10/km) total 2:31:38

 まだこれからいくつ橋を越えなければならないのか?100kmもの果てしない旅に、こんな困難が待っていようとは・・・!
 今日はここまで。明日へ続く→→→

■今日の練習
休足日 0km
軽いストレッチ
今月累計 100km


ありがとうございます。今日もクリックお願いします。
人気ブログランキングへ


JUGEMテーマ:スポーツ
 

虹の向こうに♪/しまなみ海道100kmウルトラ遠足(1)

 あのしまなみでの激走(自分ではなんだかそんな感じがしてます)から1日以上たって、今日は一緒に参加したヘンリーさん、腹ペコkaoさん、そしてacoさんと、しまなみ〜山陽路満腹ツアーを楽しみながら帰ってきました。
 夜寝ている間は、寝返りを打つたびに筋肉痛で目が覚めるような状態でした。走ってる間も辛かったですが、走り終わってからのダメージもやはりハンパない・・・恐るべし100km。

 今回も長いレース完走レポートを書いてみたいと思います。よろしければおつきあいのほど。
 
 今回、レースの数日前に久しぶりにipodからチョイスして何気なく聴いたのが“Over The Rainbow〜虹の彼方に”。いろんな人が歌っているスタンダードですが、僕が好きなのはエリッククラプトン2001年のライブ・バージョン。ちょうどしまなみの天気を心配していた時期でもあり、しまなみを走りながら虹を見ることができたら最高だな〜、なんて思っていました。
 結局このレースの間に虹を見ることはできませんでしたが、100kmという果てしない長い旅の間、想像上の虹を空に描きながらあの向こうまで行ってみよう、という気持ちで走っていたようにも思います。
 というわけで今回はこの曲にちなんだタイトルにしてみました。

 さて、それでは最初に、今回のラップをまとめてご紹介します。
●10km  51:44(5:10/km)
●20km  48:13(4:49/km)
●30km  51:41(5:10/km)
●40km  55:55(5:35/km)
●50km  1:01:17(6:08/km)
●55km  36:41(7:20km)
●65km  1:00:01(6:00/km)
●70km  35:36(7:04/km)
●75km  32:45(6:33/km)
●80km  35:43(7:09/km)
●85km  37:29(7:30/km)
●95km  1:09:06(6:54/km)
●100km  33:35(6:43/km)

 これらはすべて当たり前ですが、エイドでの小休止、信号待ちなどを含みます。
 当初は10kmごとにラップをとろうと思っていましたが、途中でだんだんわけがわからなくなって5kmの距離表示ごとにラップをとるようになってます。また60kmと90kmはちょうど橋の上になるということで距離表示はありません。そのほかは5kmごとに距離表示がありましたが、こういう大会で、どこまでその距離表示が正確なのかは定かではありません。上記ラップもあまり細かく見ずに参考までに、という感じで見ていただければ。

 また、今回途中でバッテリー切れになるのを覚悟でガーミン405(最近は4時間ちょっとしかもたないのです)を動かして走りました。ガーミンがバッテリー切れになるまで記録してくれたコースの軌跡がこちら↓


こうしてみると、広島県の福山市から海を渡って愛媛県の今治市まで走るというこのコースの雄大さが少しわかっていただけるでしょうか?

 まず、最初に、今回行程のすべての計画立案、打ち上げの手配、コースの攻略法指南、そしてしまなみスピリットを僕に教えてくれたヘンリーさんに心から感謝の気持ちを伝えたいと思います。おかげで僕は余計なことに気を使わずレースに集中することができました。ありがとうございました!

 事前の計画としては、というか自分としては初めての100kmレース、初めてのコース、文字通り右も左もわからないので、なんとなくヘンリーさんからの情報をもとに、前半は5:30/km平均、後半は7:00/km平均で粘って10時間30分くらいでフィニッシュできれば御の字。なにより大好きな瀬戸内海の多島美とオーシャンビューを楽しみながら走りたい、と考えていました。

 やっとスタートします。


                                             photo by kao

 6月1日朝5時。スタートは福山城。ようやく朝がきてあたりが明るくなりはじめています。心配された天気は、曇り加減ですが青空のようなものも感じることができて、いいコンディションです。ヘンリーさん、スマイルkaoさん、そしてイクシーさんともうまく落ち合って一緒にスタートを迎えました。この大会には7回目の参戦というヘンリーさんのおかげでいいポジションでスタートすることができ、スタートのロスタイムはほんの数秒。
 走り出すといきなりヘンリーさんが飛び出していきます。イクシーさんは、最初はゆっくり行きますから、と余裕の表情。スマイルkaoさんとも「ではみなさん御無事で〜」みたいなゆるーいエールの交換をして100kmの旅が始まりました。


 暗くてよくわかりませんが、スタート前の4人。

 さてこれから、というところで申し訳ありませんが、今夜は睡眠が必要なようです。
 明日へ続きます・・・・・→→→→→


■今日の練習
休足日 0km
軽いストレッチ
今月累計 100km


ありがとうございます。今日もクリックお願いします。
人気ブログランキングへ


JUGEMテーマ:スポーツ
 

しまなみ海道100kmウルトラ遠足完走!

結果だけ取り急ぎ!

10時間10分39秒で完走!

100kmって辛いですね(^-^;

でも今日は充実感で一杯です♪


これからチームのヘンリーさん、泣き虫kaoさん、acoさん、そしてイクシーさんと打ち上げに突入します!


しまなみ海道100kmウルトラ遠足前夜!

いよいよ明日です!しまなみ海道100kmウルトラ遠足!

今チームメイトのヘンリーさんと新幹線で移動中。間もなく福山です。

明日は心配していたほど雨は降りそうにないし、気温もそれほど高くなりそうにないし、気持ちいい風を感じながら100kmの旅を楽しみたいと思います(^_^)v

問題は朝ちゃんと起きられるか!?


横でヘンリーさんが早く書けとうるさいので今日はこの辺で。

では皆さん、明日は頑張って来ます!

■今日の練習
休足日 0km
軽いストレッチ
今月累計 405.9km


ありがとうございます。今日もクリックお願いします。
人気ブログランキングへ


JUGEMテーマ:スポーツ 



しまなみ海道へ!ラストラン!

 昨日のテルテル坊主が効いたのか?それとも日頃の行いか?天気予報がやや改善の傾向です。昨日までは「曇り時々雨」でしたが、今日は「曇りのち雨」という予報。ウェザーニュースの1時間ごとの予報では、スタート地点の福山では朝7時までは晴れ、その後は曇りとなっています。
 どうやら午後から雨という展開か?雨が夜まで我慢してくれれば最高ですが。

 今日はチームの練習会でしまなみ前ラストラン。ヘンリーさん、スマイルkaoさん、なみのりに最強応援団acoさんを加えたしまなみカルテットに加えT先輩と超絶多忙業務から社会復帰したF男選手が参加しました。
 もちろん今日はゆっくりゆっくりと6kmだけで終了。

 いよいよ明日夜には福山入りし、明後日6月1日の朝5時には100kmの旅がスタートします!

 昨日に続いて、ここで1曲ご紹介。

 ♪虹の彼方へ♪ Over The Rainbow

 Somewhere over the rainbow
 bluebirds fly
 birds fly over the rainbow, why
 Oh, why can't I?

 虹の向こうのどこか
 青い鳥が飛んでいる
 鳥が虹の向こうを跳べるなら
 私にだって?

 雨がふった後で、きれいな虹が見れたら最高です♪

■今日の練習
jog 6.0km 37分23秒( 6:13/km)
軽いストレッチ
今月累計 405.9km


ありがとうございます。今日もクリックお願いします。
人気ブログランキングへ


JUGEMテーマ:スポーツ
 

☆星に願いを★

 昨夜は珍しい広島での飲み会で、なんとなく飲み過ぎてしまいました〜♪おかげで肝臓疲労がたまり気味・・・(^-^; それでも今日も飲んでます。休足日はできても休肝日はなかなかできませんね〜(^-^ヾ

 いよいよしまなみ海道まであと3日。今日はホントにゆっくり、筋肉をほぐす程度のジョグ。筋肉の疲れはさすがに抜けて来たかな?

 気になっているのは天気です。当日6月1日だけが「曇り時々雨」という予報。前後の日は「曇り時々晴れ」とか「曇り」だったりなので、できればどちらかへずれて欲しいところです。走るには少し雨が降るくらいが走りやすいかもしれませんが、しまなみ最大の楽しみである、オーシャンビューの景観を楽しむには、少なくとも雨はない方がいいのではないでしょうか?
 「時々雨」と「一時雨」ってどう違うの?という疑問がわいてちょっと調べてみましたが、対象とする期間の4分の1未満の時間が雨の場合は「一時雨」、4分の1〜2分の1未満が雨の場合は「時々雨」というのが気象庁の定義だそうです。てことは「時々雨」って結構降るってこと?

 というわけでてるてる坊主を作ってみることにしました。しかしちょうどいい布が見当たらなかったこともあり、ここはイラストでお許しを(>_<)


 ※先に白状しますが、この絵はとある画像集で見つけたものを真似ただけです・・・(^-^;

 この絵をチームメイトにLINEで送ったら、「自画像?」という失礼なツッコミが・・・誰とはいいませんが・・・
 ちなみに僕はこんなにかわいくありません・・・(^-^;


 さて最後に、♪星に願いを♪というディズニーの曲の歌詞をちょっとここで引用

   When you wish upon a star
   Makes no difference who you are
   Anything your heart desires
   Will come true

 星に願いをかければ
 あなたが誰であろうと
 心からの願い事が
 叶うでしょう




■今日の練習
jog 7.3km 44分00秒( 6:02/km)
軽いストレッチ
今月累計 399.9km


ありがとうございます。今日もクリックお願いします。
人気ブログランキングへ


JUGEMテーマ:スポーツ


| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

JOG NOTE

counter

●主なレース実績

○2008年12月21日(日)
第39回防府読売マラソン 3:42:00
○2013年5月4日 第23回山口100萩往還マラニック《70km》 7:45:23
○2013年6月1日
第13回しまなみ海道100kmウルトラ遠足 10:10:39
○2015年2月1日
第64回別府大分毎日マラソン 3;04:39
○2015年5月3日4日(祝)
第27回山口100萩往還マラニック《B140km》 18:51:08
○2015年12月20日
第46回防府読売マラソン 2:58:43

●広告

●mail

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM