萩往還マラニック70kmコースガイド2013〜2017年版

 2013年に書いた「萩往還マラニック70kmコースガイド´◆廚魏訂しました。といってもベースはそのままですが、ほぼ毎年試走にをしては少しずつ更新しているので、かなり当時と違ったところも出てきています。そこで、ベースはそのままに、新たに2017年版ということにします。この記事はその往路篇。70kmはもちろん、140kmに出場される方も参考になると思います。ぜひご覧ください。

 「萩往還マラニック」は昨年2012年から萩市内のコースとチェックポイントが変更されました。これまで、自分も含めて多くの挑戦者がコースガイドをブログなどに残して来られましたが、このコース変更によって一部は役に立たなくなっています。僕は今回で萩往還マラニックには6回目の参戦(種目はそれぞれ違いますが)となるので、これまでに撮り貯めた写真の中から改めてセレクトして、現時点でのコースガイドを整理してみたいと思います。直近では先日3月30日に70kmコースを片道試走したばかりですが、その時にはこの発想はまだなかったのでそれほど写真を撮っていませんでした。そこで過去3年くらいの写真の中からのセレクトになりました。極力最新のものを選んだつもりです。あしからず。
※4月24日加筆/4月20日に再び試走に行き、多くの写真をその時のものに差し替え・追加しました。スタート風景やエイドなど、当日の雰囲気が伝わるものは古くてもそのまま残しています。

※2014年4月25日加筆/2014年4月20日に試走に行った時の写真を追加し、一部書き直しました。

※2015年4月28日加筆/2015年4月18日に試走に行った時の写真を追加し、一部書き直しました。
※2017年4月17日加筆/2017年4月16日に試走に行った時の写真を追加し、一部書き直しました。

 まず最初にコースのマップ。


コースの高低差はこんな感じ(往路)※緑の部分です。



スタート・フィニッシュの山口市・瑠璃光寺五重塔


荷物置き場の洞春寺


スタートの様子。朝6時。約50人くらいごとにウェーブスタートです。
   
スタートして1kmほどでダラダラとした上り坂が始まり、錦鶏湖というダム湖を通り過ぎます。

 
約3.6kmほどで歴史の道「萩往還」入口に。石畳の激しい上りが始まります。

 

 

 
 
ご覧のような感じです。「四十二の曲がり」と言われるクネクネとした激しい上り坂など、ほんの800mほどなのですがすごく長く感じます。

  
一旦県道に出たかと思うと横切ってすぐにまた激しい上りへ。

  
六軒茶屋という、昔の参勤交代の時に殿様の駕籠を休めた場所が復元されています。

 
引き続き激しい上り。間もなく一ノ坂一里塚があります。ここが萩往還(萩市⇔防府市)約53kmの中間点だそうです。

  
一貫石。またその先にある「キンチヂミの清水」この水はとっても冷たくて、飲むとあまりの冷たさに縮みあがるそうです。何が・・・?

 
最近は落下防止の木柵ができていたり、かなり整備されています。

 
引き続き長く厳しい上りを約1.2km乗り越えると、もう一度県道を横切ります。ここまで来ると、萩往還の最高点まであと少し。

 
ここが最高点標高545m(だったかな?)の「板堂峠」。

越えるとすぐに「クマ注意!」の看板にドキリ!!これを右に見ながら下ります。

 
最高点を超えるとしばらく下って県道へ出たところが約6.3km。折り返すと今度は長い下り坂が続きます。

 
有名な「おばあちゃんの草餅エイド」は新しく塗り替えられているようです。
また最近は草餅のサービスはなくなり、ドリンクと小さなお饅頭になっているようです。

約4kmの長い下りを終えると、左に分岐してまた旧道へ。約10km過ぎ

 
日南瀬(ひなたせ)の石風呂と首切れ地蔵

 
突き当りを右折してすぐにまた左折して国道へ。吉田松陰東送の碑があります。11km
 
 

2kmほど比較的平坦なコースを走ると約13kmで今度は右へ分岐します。ここまでくると最初のエイド「佐々並エイド」はすぐそこです。

 
約14kmの佐々並エイド。このエイドでは名物佐々並豆腐が食べられます。こんなにおいしい豆腐は食べたことない!ってよく聞きます。

 
佐々並を出て500mほどでまた右へ分岐して、再び上りのコース。


千持峠を越えると再び下りへ。


しばらく小刻みにアップダウンが続きます。


落合の石橋


 
しばらく上って下って、いったんまた国道へ。16km過ぎ

 
500mほどでまた右に分岐。この入口には新たに手すりが設けられています。(2017年4月現在)
このあたりの道は天気がよくてもぬかるんでいることが多いのですが、先日の試走ではかなり改善されていました。
日当たりが良くなって走りやすくなっています。
 
約18kmで再び国道へ出て、少し上ると釿ノ切(チョウノキリ)峠。この18kmの間に合計1,000mほど上ったことになります。

 
19km過ぎ。下りの途中見落としそうですが、このUターンのような矢印がいよいよあの一升谷への入り口です。   

 
 
 
個人的にはこのコースで一番のおすすめ「一升谷」です。昔の旅人は、ここを上るのに、炒り豆を一升ほども食べてしまうくらい長い上りということからついた名前だそうです。レース往路はここは下りとなるので、本当に気持ちよく走りぬけることができると思います。鳥の鳴き声、風のそよぐ音、川のせせらぎの中で、ザッザッという自分の足音と息使いだけが聴こえていて、自然と歴史の懐深く抱かれている感覚を味わえます。
 ただ、レース復路はここは試練の上りとなるのですが・・・(^-^;

  
一升谷を下り切ると「明木エイド」。ここで約23km過ぎ。ここでも名物の明木饅頭をいただくことができます。

   
明木は江戸時代の宿場町で、吉田松陰がペリーの黒船に密航しようとしてとらえられ、萩へ護送された時に宿泊し詠んだ漢詩の碑が残されています。明木川を渡りしばらく走ると、この碑が見えてきます。

 
川沿いの道は今ではしっかり護岸が整備されていました。


そしてまた山に入って行きます。約25km

 
 
 
ここは悴坂(かせがさか)といってここも激しい上りですが、距離は1kmもないと思います。頂上には右の写真のような「駕籠建て場」跡が残っています。ここは参勤交代の際に殿様の駕籠を休めたところだそうです。しかしこんな坂よく駕籠を抱えて上ったな、と感心することしきり。


一転して激しい下り。まもなく道の駅萩往還を通り過ぎます。約27km

そしていよいよここから萩市内へ。


約28kmあたりに、涙松があります。萩を出る旅人にとって、萩市内が見える最後のポイントということで、故郷に思いをはせ涙する旅人が多かったそうです。吉田松陰が安政の大獄で萩から江戸に護送される時、「帰らじと思い定めし旅なれば、ひとしおぬるる涙松かな」と詠んで有名になりました。松陰は結局江戸で処刑され、再び萩の地に帰ることはありませんでした。


約29km。ここは昨年からの新しいエイド、「村田蒲鉾店」です。ここまでくれば折り返し地点まであと少しです。
 
平坦な萩市内。約32km警察署前の交差点で右折します。

 
松本川を渡る松陰大橋



 
萩市内を走り抜け、前半最後の1kmほどの上りを頑張ると、折り返し地点の「陶芸の村公園」です。ご覧のように、萩市内を一望することができます。ここまでで実際には34kmくらいか。

長くなりました。後半へ続く。とはいえ、後半はこれを帰って行くだけなのですが、どう書けばいいのかな?

 さて今日の練習ですが、月曜日は基本おやすみでもいいのですが、ウルトラに向けた強化期間の今、少しでも距離を踏みたいのとこのところの疲労の回復にゆっくり短めのジョグをしてきました。めずらしく月曜日に公園に来ていたヘンリーさんと一緒に約40分走りました。
 しかし、意識的にこの状態を作っているとはいえ、お、重い。。。


■今日の練習
jog  8.5km 49分18秒(5:48/km)
軽いストレッチ

今月累計 110.1km

ありがとうございます。今日もクリックお願いします。
人気ブログランキングへ


JUGEMテーマ:スポーツ

コメント
写真がいっぱいですね。
でもこれで前半ですか…。
それだけで長く辛いレースだというのが分かります。
今週は休足なしですか?

おぉ〜〜!!なみのりさん「素晴らしいガイド」です!!
\(^^)/\(^^)/

実際に参加しているような感じになりますよ(^^)
って……これでまだ「中間点」なのですか(゜_゜;)

読んでいるだけで「脚が疲れてきそう(笑)」

なみのりさん、お疲れさまです!

ガイド楽しく読ませて頂きました!!
70キロご参加の方々には、とても分かりやすいガイドです!!参加している気分を味わいました!!
  • おくちゃん
  • 2013/04/09 8:41 AM
いやあ「完全ガイド」という大仰な看板を掲げるだけあって、本当に完全ガイドですね。
初めて萩往還を走った10年前にこのガイドと出会っていたら、道の駅「あさひ」に行くことも、萩有料道路を走ることもなかったです。
あらためて、拍手喝采!!
ところで、帰り道は何を書くのですか?
  • ヘンリー
  • 2013/04/09 3:41 PM
このガイド感動です。
このブログの人気もさらに急上昇しそうですね。
  • ひで
  • 2013/04/09 10:30 PM
毎年なみのりさんの詳細ガイドを
見ると走りたくなります。。
しかしもうしばしお待ちください
サロマに納得いく結果を出すまでは。。
としさん、ありがとうございます。
実はこの1週間くらいかけて書き溜めていました。
今週はいつも週2の休足日を金曜日だけの週1にするつもりです。
  • なみのり
  • 2013/04/09 11:42 PM
monoranさん、ありがとうございます。
参加している気持ちになってもらえるとうれしいです。
いつかホントに参加してみては?
  • なみのり
  • 2013/04/09 11:43 PM
おくちゃん、ありがとうございます。
おくちゃんもいかがでしょうか。
いつか参加してみませんか?
キツイけど楽しいコースですよ(^-^)v
  • なみのり
  • 2013/04/09 11:44 PM
ヘンリーさん、ありがとうございます。
期待に応えられたでしょうか?
「完全ガイド」なんて言ったかな?
しかし、どうやって萩有料道路に入ったのか?それが不思議です。
後半は・・・・どうしようかな?
  • なみのり
  • 2013/04/09 11:46 PM
ひでさん、ありがとうございます。
これから参加される方の参考になればいいのですが。
もう1回くらい試走に行ってみようと思ってますが、ひでさんもよかったらいかがでしょう?
  • なみのり
  • 2013/04/09 11:48 PM
takakiさん、ありがとうございます。
あれ?まだサロマで納得いってないのですか?
サブ10達成でも?
サブ9達成しないとだめ?
志が高いですね(^-^)b
  • なみのり
  • 2013/04/09 11:50 PM
試走のお誘いありがとうございます。
koume師匠も向道湖の次の週あたりに萩往還片道試走を企画しようとしてくれています。
なみのりさんはいつ頃をお考えですか?
話は変わりますが,リディアード式について教えてください。
3月15日のメニューの一例を見たのですが,有酸素ランニングで,3時間走というのがないですが,ペースから考えて,練習としては2時間くらいが限界ということですか?
レースと同じ時間走る練習に拘ろうとしていたので,そのあたりが気になってます。
  • ひで
  • 2013/04/10 12:07 AM
ひでさん、ありがとうございます。
まさに来週末あたりで萩往還に行こうかと調整中です。タイミングが合えばいいですね。

リディアード式有酸素ランニングについてですが、メニュー例では2時間以上となっているので3時間やってもいいと思います。ただペースによっては3時間も走るとほとんどフルマラソンくらいになってしまいますよね。
本では、もう少し速く走れたかなと気持ちよく終われるペースがよいとされているので、あまり追い込みすぎないペースなら3時間走も十分ありだと思います。
  • なみのり
  • 2013/04/10 7:18 PM
丁寧な回答ありがとうございます。
コースガイドやトレーニング方法などなみのりさんの研究熱心なところはいつも感心させられます。
これからもよろしくお願いします。
  • ひで
  • 2013/04/10 9:50 PM
ひでさん、重ね重ねありがとうございます。
なんとか楽をして速くなれないものかと研究しているだけです(^-^;
ひでさんのように追い込んだ練習ができない根性なしなんです(_ _ヾ
  • なみのり
  • 2013/04/11 1:12 AM
初めまして。

今年70km初挑戦します。昨年35km歩け歩け参加、いきなり今年は70kmって無謀。でもマラニックだから…と…。日にちが近くになればなるほど不安・心配で、心拍数上がっています。250km、140km完踏録を沢山拝見しました。読めば読む程、自分の無謀さが身にしみている毎日です。
70kmを詳しく書いてくださっているので感激! 感謝!です。

装備、準備はどんな感じなのでしょうか?
12時間たっぷりつかって完踏できれば…と思っています。

よろしくお願いいたします。


  • oko-chan
  • 2013/04/24 3:47 PM
oko-chanさん、ありがとうございます。
70km初挑戦で不安な気持ち、よくわかります。
装備については、あまり大仰にしない方がいいように思います。最近はとてもありがたいことに私設エイドが増えていて
、暑い天候の場合はドリンクを持参した方がいいかもしれませんが、そうでなければマイカップと、多少のサプリメント(アミノ酸、エネルギー、ナトリウム等)くらいでよいのではないでしょうか。食料はエイドと折り返して提供される豆腐やまんじゅう、おにぎりで充分では?私設エイドでも多少食べ物を出してくれたと思います。
注意しなければならないのは、気温の変化だと思います。早朝の寒い時間にスタートで、日中の暑い時間を経験して最後はまた気温が下がってきます。このあたりは当日の天候にもよる(去年は雨で寒くて、おととしは晴れて暑かった)ので、事前にそのあたりを確認して装備や服装も計画する必要があると思います。
折り返し地点の陶芸の村公園に後半用の荷物を送っておくことができるので、後半用のサプリやドリンク、着替えなどを預けておく、などうまく活用してください。
苦しいレースになるのは必須ですが、楽しむ気持ちを忘れずに!達成感はひとしおです!
  • なみのり
  • 2013/04/25 12:03 AM
アドバイス、ご返信ありがとうございます。
色々迷っていたことが消えました。

楽しみながら、頑張ってみたいと思っています。

  • oko-chan
  • 2013/04/25 6:37 AM
コメントが2013年なのでちょっとビックリ
しましてが、過去記事を修正されたから
ですね
ブラッシュアップされて
また読者が増えそうですね
takakiさん☆ありがとうございます。
過去の記事を使いまわした、手抜きですみません。
でもこの記事は結構読まれているみたいなので・・・
アップデートしてみました。
  • なみのり
  • 2017/04/18 11:27 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

JOG NOTE

counter

●主なレース実績

○2008年12月21日(日)
第39回防府読売マラソン 3:42:00
○2013年5月4日 第23回山口100萩往還マラニック《70km》 7:45:23
○2013年6月1日
第13回しまなみ海道100kmウルトラ遠足 10:10:39
○2015年2月1日
第64回別府大分毎日マラソン 3;04:39
○2015年5月3日4日(祝)
第27回山口100萩往還マラニック《B140km》 18:51:08
○2015年12月20日
第46回防府読売マラソン 2:58:43

●広告

●mail

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM