虹の向こうへ♪/しまなみ海道100kmウルトラ遠足(5)

 今日はチームの練習会で、ともにしまなみを走ったメンバー、地元で頑張って走っていたメンバーとの再会を果たしました。

 ランニングのようなペース配分はほとんどせずに書いているので、今回はコントロールが効かず、やたらと長くなっています。今回でいよいよ完結予定。もうしばらくおつきあいください。

 80kmのサインを過ぎるとそこは吉海町バラ公園のエイド。きれいなバラの花が咲き誇っていますが、それを楽しむ心の余裕はもうありません。給水、給食、小用を終えそそくさとスタートしようとすると、またもここにacoさん登場!今思えば颯爽とした彼女の姿をカメラに押さえておけば良かった。僕はママチャリに乗った観光客風情を想像していましたが、完全に想像を裏切る、ハイスペックマシンを操るスポーティなサイクリング姿でした。ここでの別れ際、「コーラは要りますか?」と聞かれ「お願いします!」「来島海峡大橋を渡る前がいいですか?あとがいいですか?」「どちらでも!」とやりとりし、ここからはacoさんのコーラを楽しみに走り続けます。

 彼女が伝えてくれたヘンリー・イクシー情報では、70kmの伯方島のエイドではヘンリーさんと10分、イクシーさんと20分だったか、その逆だったか、ヘンリーさんが言うように「乳酸が脳にまわって」よく覚えていませんが、まだ結構開いているようです。でもヘンリーさんのことですから、差がわかれば懸命に追いかけてくることでしょう。特に常々エイド滞在時間の短縮を説く彼は、おそらくエイド利用を極限まで簡略化して1ヶ所のエイドで1〜2分短縮、あと4か所エイドがあるとするとそこだけで10分はつめられるな、やっぱりゴールまでに追いつかれるかもしれない、さらに地力に勝るイクシーさんもそろそろ追いついてきそう、などど考えながら走っていました。
 でも、このあたりで感じていたのは、もう他人との勝負がどうのこうのというより、このレースは自分との闘いだ、歩きたい、休みたい、やめたいという欲求への抗い、最後に自分で頑張ったと思えるかどうか、それだけです。
 
 ここは大島。残すは全長4kmの来島海峡大橋を渡れば四国・今治です。このあたりでは、道路標識に「来島海峡大橋まであと●km」という表示が見られるようになってきました。道にひかれたサイクリングロードの青いサインに書かれた残りの距離が「今治まであと15km」とか、だんだんやる気の出る数字になってきました。

●85km  37:29(7:30/km) 8時間28分06秒

 いよいよ残り15km。萩往還で言うと佐々並エイドの手前です。ここまでくるとあと少しという感じがしてきます。




 来島海峡大橋の姿がだんだんと大きく見えるようになってきます。

 来島海峡大橋の入り口の少し手前でまたacoさん登場!橋の前でもあとでもどちらでもと言ったものの、渡ってしまえばあとすこしだし、橋の手前で給水してくれると嬉しいなあと思っていたところ、絶妙のタイミングです。しかもお願いしていたコカ・コーラだけでなく、MATCHとリアルゴールドをそろえて(他にもあったかな?)「どれがいいですか?」
 ちょっと迷ってMATCHを選択。最高に美味で、一気に飲み干しました。あれからMATCHが大好きになりました。acoさん、重ね重ねありがとう!
「ヘンリーさんとイクシーさんを待ってから行くのでなみのりさんのゴールに間に合わなかったらごめんなさい」というacoさんにお礼を言い残し、いざ最後の橋「来島海峡大橋(くるしまかいきょうおおはし)」へ!

 ここまで来るとかなり気持ちが再び高まってきました。しかし!最後の最後でまた高所恐怖症にとって驚愕のポイントが!来島海峡大橋へ登っていくサイクリング(歩行者兼用)ロードはまるで空中回廊のような、宙に漂うような細いらせん状の道。これがまた怖い!視線を上げず、1m前のアスファルトだけを凝視して上ります。またこれが長い!


 橋に上がってからも、なんだか怖さが癒えぬままに走り続けました。90kmのポイントはこの橋の上ですが、橋の上には表示サイン等を設置することができないため、ここも距離表示はありません。僕は85kmポイントからのラップタイムで大体キロ7分で計算しながら35分のあたりで「この辺が90kmだろう」と見当をつけ、「残り10km。萩往還なら首切れ地蔵のある旧道から日南瀬の県道へ入ったあたり!(こんな書き方しても誰もわからないでしょうね(^-^;」と気合を入れなおします。ラスト10kmはちょっと頑張ってペースアップ!

 車道には100mごとに距離表示があります。これを利用してタイムを計ってみると、大体キロ6分〜6分15秒で走れています。事前の想定では、また50km〜55kmのヘロヘロ区間の様子からは、残り10kmになってもこれほど走れるとは予想外でしたが、ここまで来て最後にまた復活してきているようです。
 全長約4kmの来島海峡大橋を約26分(キロ6:30)で渡り切りました。ついに四国へやってきました。朝5時に福山をスタートし、この辺で大体午後2時半くらい。使ったのは自分の足だけです。昼過ぎからちらほら降り始めた雨が、このあたりでは徐々に本降りになってきています。
 橋を渡り終えるとエイドがあってあと8km。もう水浴びの必要がないほどの雨が降りしきっています。アタマの中で鳴り続ける“Somewhere Over The Rainbow”. どうやら虹を見ることはできなさそうですが、虹の向こうへかなり近づいてきたような気がしました。
 あと6km。萩往還なら板堂峠。

●95km  1:09:06(6:54/km) 9時間37分13秒

 さあいよいよ後5kmです。だんだんと今治市の市街地に入ってきます。考えようによっては、このあたりはサブ10に届かず失意の中とぼとぼと走るような人もいるかもしれませんが、僕にとっては予想以上のタイムで、どうやらヘンリーさんやイクシーさんにも初めて先着できそうです。自分のイメージとしては意気揚々と今治の市街地を駆け抜けていきました。でも実際はヘロヘロの走りだったと思いますが。

 商店街を駆け抜け、今治城(ヘンリーさんから聞きましたが以前はここがゴールだったそうです)を通り抜けます。残り2kmの表示があると聞いていましたが見つけることができず。今治城を抜けたところに残り1kmの表示が!ここからさらにペースアップ!ラスト1km6分を目指します。もしかすると10時間10分が切れるかも!という微妙なところです。
 ところがここで痛恨の信号待ち!約30秒ロスしてしまいました。そして最後の右折ポイントを間違えそうになってスタッフの方に教えていただきました。そのスタッフが「あと200m!」と声をかけていただき、ラストスパート!無我夢中で誘導されるがままに、それでもゴールの向こうでカメラを構えているのがわかったので会心のガッツポーズをつくってフィニッシュ!涙はなし。ただただ「やりきった」「走り切った」という充実感・達成感に満たされた瞬間でした。しばらく時計を止めるのを忘れていたほどの放心状態でした。

 ゴールしてすぐに主催者の海宝さんが握手してくれて、「いや〜最高だったね!◎□×△○・・・・!!!」と何か早口で興奮気味にまくしたてていましたが、僕は何のことかわかりませんでした。やはり脳にかなり乳酸がたまっていたのか?

 自分の時計では10時間10分45秒でしたが、後で確認したところ10分39秒が正式なタイムだったようです。

 さてヘンリーさんは?イクシーさんは?ここでしばらく待っていましたが、5分ほどたっても来ません。雨に濡れた身体が冷えて来たので先に着替えさせてもらうことにしました。汗と雨を拭き、Tシャツとジャケットを着て再びフィニッシュ地点へと向かっているとヘンリーさんがすでにフィニッシュしていました。ヘンリーさんは僕の人相が変わっていたとかで近づいてもなかなかわかってくれませんでした。

 ここからしばらくの記憶がありません。この間にacoさんが来てくれて、イクシーさんがゴールして、みんなでフィニッシュ地点のテクスポート今治の中で語らいながらスマイルkaoさんを待っていたように思います。どこからのどういう情報だったか、おそらく彼女は14時間〜15時間くらいでゴールできそうだという予測のもと、いったん僕たちはホテルに行って汗を流すことにしました。
 が、acoさんは雨の降りしきる中、走ってびしょ濡れkaoさんを迎えに行くと言います。仲がいいなぁこの二人、とちょっとうらやましくなりました。迎えに来てもらえるkaoさんも、そこまでやさしくなれるacoさんも。

 いったん解散し、僕とヘンリーさんはホテルの大浴場で汗を流して再び会場へ。戻るともうacoさんがゴールで待ち構えていて今にもkaoさんがフィニッシュ寸前!思ったより速いじゃないか!
 びしょぬれkaoさんは過去2回このしまなみに挑戦しながら、1回目はフィニッシュしたもののタイムオーバー。2回目は75kmでリタイアでしたが、今回3回目の挑戦で今度こそ念願の時間内完走を誓っていました。結局びしょぬれkaoさんは最高のスマイルkaoになって14時間ちょっとでゴール!ゴールしたあとは、感極まってすぐに最高の泣き虫kaoになりましたとさ。

ここで4人で撮ったのが、しまなみ当日の速報でも掲載しましたが、こちらの写真


 僕たちの伝え方が悪くてイクシーさんはここに間に合いませんでしたが、このあとしっかり落ち合って念願の寿司屋さんでみんなで打ち上げをしました。ヘンリーさんはこの後のことが書きたいみたいですが、僕はレースに関係ないことは書かないで、とお願いしてます(^-^;

 こんな風に僕の初・しまなみ海道100kmウルトラ遠足は始まって、終わりました。最後にもう一度、初挑戦のコース、距離にも関わらず思った以上の走りができたのは、旅の段取りをすべてやってくれて僕をレースに集中させてくれただけでなく、さまざなま情報提供、アドバイス、心理戦、攪乱作戦(?)で僕を導いてくれたヘンリーさんのおかげです。またコース上で何度も応援してくれたacoさんの存在は、どんなエイド、サプリよりも元気を与えてくれました。魂の水MATCHの味は忘れません。またスマイル・ずぶ濡れ・泣き虫kaoさんの朗らかな性格と真摯な姿勢はランナーとして尊敬に値するものがあります。特に今年に入ってからの向上ぶりには目を見張ります。これからも切磋琢磨して行きましょう。イクシーさんはブログで知り合った仲でありながらすでに我がチームの準・メンバーといえるほどチームでもおなじみの存在になりました。これからもそのパワフルな「オレ流調整」全国駆け巡ってください。僕たちの練習会にもよろしければぜひ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 いやいやみなさん、今回はまた長くなってしまってすみません。

 レースもブログも、とんでもなく疲れました。 今は脱力感でいっぱいで、心身共になかなか次へ向かうモードになりません。
 ちょっとおやすみをいただこうと思います。


■今日の練習
jog 10.8km
軽いストレッチ
今月累計 111.2km


ありがとうございます。今日もクリックお願いします。
人気ブログランキングへ


JUGEMテーマ:スポーツ
 

コメント
あらためてお疲れ様でした。
自分との戦いに勝てましたね。
きっとこれが今後のレースに生きてきますね。
しかしゴール後に記憶が1部途切れているんですか?
大激走の証でしょうか。

あれ? 高所恐怖症は克服されてないみたいですね…。
私の経験ではmatchが最高の給水なのですが、私が60キロ過ぎにあんまり喜んで飲むものだから、aco先輩ラインナップにいれたのですね。なみのり先輩にも魂の水になっちゃいましたか。もう、隠し玉はなくなっちゃいまさした。
  • ヘンリー
  • 2013/06/07 6:55 AM
素晴らしい走り、仲間
何か読んでるこちらまでジーンときます(^-^)/
しかし初ウルトラで、ここまで走れるのは凄い!
サロマを走っていれば、確実にサブ10
自分は3年かけて、やっとできたと言うのに…
なみのりさんの持久力には脱帽です
1+4、5人のチーム力の成果!、今回も素晴らしいレースレポートでした。
いつか、まとめて(自費)出版されてはどうでしょう。

  • Baron
  • 2013/06/07 8:51 AM
なみのりさんのおかげで、思い出に残る大会になりました。ありがとうございました(^-^)今思うと、失速覚悟で、なみのりさんに絡んで行けば良かったかなぁと後悔してます。来年は、負けませんよ♪
  • イクシー
  • 2013/06/07 1:33 PM
なみのりさん、こんにちは。

なみのりさんのブログを読んでいると、ウルトラに激しく惹かれます(笑)
まだ自分で立てた目標もクリアしないうちから他のコトに手を出すわけにはいかないのですが、抗いがたい・・・(笑)

トレイルといい、魅力的なコンテンツが多すぎて困ってしまいます(笑)

共に戦ったチームメイトにも拍手!
  • ノーアイ
  • 2013/06/07 4:33 PM
素晴らしいレースです!!
そして読みごたえのあるレポートですよ(^o^)(^o^)

見えた景色すべてが 何やら新鮮だったのではないでしょうか(^^)(^^)


「走る以外の余裕がない」と言われましても、様々な思い出は ほとんど覚えているものですね(o(^∇^)o)


ほんとうにお疲れさまでしたm(__)m

そして……完走おめでとうございます!!
\(^^)/\(^^)/

ご無沙汰しております。
ウルトラマラソン完走おめでとうございます。その後の疲労度合はいかがでしょうか?
疲れが抜けたら防府に向けたトレーニング開始でしょうか?
まずはゆっくり休んで下さいね!
今回も感動巨編でした!
やっぱりなみのりさんの文章はいいです
読んでて引きこまれます

しまなみ、いいですね
大会そのものもいいんでしょうけど
なみのりさんのブログを読むと
どうも走りたくなってしまいますw

ヘンリーさんもお疲れさまでした
面白おかしく読ませていただきました!
なみのりさん、改めてお疲れさまでした!!
ヘンリーさん、イクシーさん、kaoさん、お疲れさまでした!!そして応援のacoさんもお疲れさまでした!!

レースで100キロ走るのは自分では考えられないです。改めて完走された皆さんを尊敬します!!

今回の完走記も楽しく拝見させて頂きました。なみのりさんもヘンリーさんも文章が面白くて、何か自分が走っている感じになります!!

半年後に再会できること楽しみにしてます!!
ゆっくり休んでくださいね!!

  • おくちゃん
  • 2013/06/07 11:20 PM
としさん、ありがとうございます。
結果的に、これまでで一番消耗したレースだったかもしれません。
頑張った、ということだけは胸を張って言えると思います。だから満足です。
この思いが次につながるといいですね。
  • なみのり
  • 2013/06/07 11:39 PM
ヘンリーさん、ありがとうございます。
MATCHおいしいですね。
またまた、隠し玉は、まだまだいっぱい持ってるでしょ?
錠剤?とかスプレー?
  • なみのり
  • 2013/06/07 11:45 PM
takakiさん、ありがとうございます。
こうなるとサブ10をやってみたくなりますが、その前にサブ3をやりたいですね。
やっぱり(^-^)v
  • なみのり
  • 2013/06/07 11:47 PM
Baronさん、ありがとうございます。
自費出版?ですか?
考えたことなかったです。
いつかできるといいですね(^-^)b
  • なみのり
  • 2013/06/07 11:49 PM
イクシーさん、ありがとうございます。
ら、来年!?
来年もあるんですか?
この大会!?
  • なみのり
  • 2013/06/07 11:50 PM
ノーアイさん、ありがとうございます。
ウルトラの世界も深いですね〜。
ノーアイさんもまずはサブ3ですか?
頑張りましょうね、お互い!
  • なみのり
  • 2013/06/07 11:52 PM
monoranさん、ありがとうございます。
こうして書き出してみるといろいろ覚えているものですね。
レースレポートを楽しんでいただけたなら嬉しいです。
  • なみのり
  • 2013/06/07 11:56 PM
みなとwindさん、ありがとうございます。
もうあれから1週間ですが、なかなか心身ともに疲れ切ってます。
もうしばらくは休んで、しっかり疲労を抜いて、防府に向けて頑張っていきたいと思います。
  • なみのり
  • 2013/06/08 12:04 AM
ぽじさん、ありがとうございます。
しまなみ、本当に素晴らしい大会でした。
旅人ぽじさんも、いかがですか?
一度挑戦してみては?
  • なみのり
  • 2013/06/08 12:05 AM
おくちゃん、最後まで読んでいただいてありがとうございます。
12月には防府で、みんなをご紹介できるといいですね。
みんな素敵な僕の自慢の仲間です。
  • なみのり
  • 2013/06/08 12:12 AM
「しまなみもなみのりもやっぱりすげえや♪」/「しまなみ海道にもオオカミがいたよ(5)」

 心優しい私設エイドの皆さんからいただいたノンアルビールのお蔭で勢いがついて、途中サイクリングロードでもある国道317号線に別れを告げて、右の市道に入り、吉海バラ公園に向かいます。

その途中にある80kmまでの残り1.5kmくらいは機嫌よく走ることが出来ました。ただ、上りがうまく走れなかったのと、ノンアルビールをお代わりしたせいで、時間は芳しくありません。これではなみのり先輩との差は縮まらないでしょう。この先の80.7kmのエイドは吉海のバラ公園の中心部にあるため、迂回することになります。端折ることも考えましたが、矢印も出ているのでこれもコースだと思い、今回もそちらを経由します。

80.6kmのエイドでは私に先着したランナーが力ない長い溜息を吐いていて、スタッフの方が「わたしら、何もかける言葉がないね」「そうよね」とか話していました。バラが綺麗に咲いて、見ごろを迎えている一方で、私の体力はとうに盛りを過ぎていました。追撃する気力も萎えて、なみのり先輩とイクシーさんとの練習の質と差を感じていました。イクシーさんは、なみのり先輩を抜いたかな。オオカミ討伐の夢はイクシーさんに託そうと考え始めていました。(70kmの時点でaco先輩からイクシーさんは通過していないらいいとの情報をもらってはいましたが、道に迷うはずはないし、信じられませんでした。ゴール後に確認すると、イクシーさんはあんまり疲れたものだから、中間点で休憩室に上り込んで休んだそうで、この頃も後ろを走っていました)

 バラ園からゴールまであと19.3km、普段練習でも走らない距離がまだまだ残っています。残りの距離を考えないようにして、一歩ずつ、イクシーさんとの寿司屋での打ち上げを目指して走り出します。橋を渡ると、いい加減嫌になっているランナーが100m先くらいに二人見えました。一人かわすと、私をペーサーにしようと、背中に張り付きましたが、そんなことを気にしていたら、オオカミは捕まえられません。彼ごと引っ張っていく気力で、だけど背中にランナーがいるので、ちょっとよそ行きのスピードと走り方でもう一人を追いかけます。お寺を2つ左に見て右折して、また海岸沿いを走ります。

「やっぱりだめだー」400mほど一緒に走ったところで、メッキが剥がれて、そのスピードでは走れなくなりました。吉海には毎回しつけの悪い犬がもの凄い勢いで吠えかかってくる民家があるのですが、ちょうどその角のところで失速、背中のランナーにまたかわされてしまいました。少し大きな通り県道49号線に突き当たってから、また右折して85kmを目指します。それにしても、あの犬はどうしちゃったんだろう。

県道49号線を1kmほど走ると、「あいえす造船」の工場があります。道は狭いけれど、結構大きなトレーラーが出入りしています。そこを過ぎると、また海岸線に沿って走ることになります。どんどんさっきの二人が小さくなっていきます。なみのり先輩とイクシーさんとの差もあんな感じでひらいていくばかりなのでしょうか。

ここからおよそ2kmくらい先に85kmの表示があるのですが、とにかく後半になればなるほど、何回走っても、あのオレンジ色の表示が見えるとほっとするものです。だから、コースの先を眺める癖がついてしまうのですが、1kmほど直線的な道の後、大小6か所の突き出した地形に沿って道がついているので、その先が見えない道のりです。

大小6か所くらいとわかっているのに、左に曲がればオレンジの表示が見えるのではないかと期待しながら、突き出したポイントを左折しても、やはり85kmの表示は見えません。前に追いつく強化区間に急きょ指定したので、この5kmを30分以内で走りたかったのですが、とっくに30分を回ってしまいました。

宮ノ鼻を通過して、6つ目を左折して35分05秒で85kmに到達、椋名の漁港が見えてきました。地元のおばちゃんが、私を見て軽く吹き出しています。いつ来てもなにか安心する風景です。大きな集落ではありませんが、ここにはサントリーとコカほか、たくさん自販機があります。目の前に来島海峡とそれに架かる来島大橋が見えてきました。
  • ヘンリー
  • 2013/06/08 5:22 PM
エイドは1.6km先ですが、自販機を見ると我慢できません。最初のサントリーの自販機でデカビタを買いたかったのですが、なかったので、乳酸飲料のビックルにしました。普段は絶対に飲まない種の飲料です。それが、また旨いのなんの。胃への負担を考えないくらいの勢いで飲み干しました。100円だったので、10円玉のお釣りが出ないのも嬉しかったです。でも、また一人かわされてしまいました。皆さんは乳酸溜まってないのかな。

86.6kmエイドに上がる通路の手前で手を振ってくれる奇特な人がいました。私もなみのり先輩同様に乳酸が頭に回り始めたらしく、彼女がaco先輩だと気付くには2mくらい手前まで走る必要がありました。「掃き溜めに鶴」いや「地上に降りた最後の天使」乳酸のせいであまりいい表現が見つからないのですが、その時の感動というとそんな感じでした。しかも、彼女は私の大好きな「大塚のMATCH」をもって、待っていてくれました。「ヘンリーさん、イクシーさん休んでたみたい、後ろにいますよ」と彼女。やはり、オオカミ捕獲作戦は私の仕事のようです。「でも、なみのり先輩20分以上前に出ましたよ」「えっ!?ほんと?」
 
 残すは全長4kmの来島海峡大橋を渡れば四国・今治です。毎回、この橋の上に来ると気持ちも新たになり、元気よく走れるようになるのですが、今回も天井回廊のような通路を通って、来島大橋の上についた時にちょうど体も気持ちも軽くなっていました。aco先輩に再び会えた喜びが一番ですが、MATCHが冷え冷えで美味しかったころ、直前のエイドで飲んだスポドリが今日一番の濃さだったこと、エイドを過ぎた林で聖水を済ませたこと、バラ公園で投与した秘密兵器が効いてきたことも関係あるかもしれません。

 橋の上はちょうどアンツーカーのような感触なので、左足の足底筋膜炎にやさしいです。大体キロ5分20秒くらいのスピードで、4~5人をかわしました。だけど、さすが4kmもある橋、なかなか終わりません。右側には瀬戸内海の島々が美しく点在しています。そして、左側は今治市街、私たちが宿泊するホテルも見えます。あそこまで走るのかあ、まだまだあるなあと溜息が出てきます。橋の中間点くらいで雨が本降りになってきました。時計を見ると大体午後2時半くらい。でも、ここまで来るとかなり気持ちが再び高まってきました。次のエイドを飛ばして、なみのり先輩に少しでも追いつきたい、勝負は今治市街だ。

 ついに四国へやってきました。でも、次のエイドを飛ばそうと思いましたが、喉がかわいて仕方がないです。これでは、ここを飛ばしても、次で止まってしまいます。そんな時、後ろから「ヘンリーさーん」と三たびaco先輩。「掃き溜めに~」もういいですね。とにかく、彼女と私の相性はばっちりです。彼女からMATCHの残りをエネルギーゼリーと一緒にチャージして準備万端、橋を渡り終えたところの91.9kmエイドを飛ばして、追撃モードです。
  • ヘンリー
  • 2013/06/08 5:23 PM
とても素敵な大河完走記で読み応え十分でした。
素晴らしいお仲間さん達と走られて走る楽しさがこちらまで伝わってきてすごく感動しました。
萩往還で例えるとこなんかさすがです。
思い返しながら面白く読めました。

写真を撮りながらなどの時間を考慮しても次回のサブ10は確実ですね。
僕もなみのりさんに負けないようにサブ10狙っていきたいと思います。
また来年こそはしまなみ参加したいです。

完走おめでとうごさいます。
本当にお疲れ様でした。
そして、とても素敵な完走記ありがとうございました。
  • 愛媛のS
  • 2013/06/08 6:46 PM
ヘンリーさんは続きがあるのですね〜
もう少しでゴール気になります
ヘンリーさん、ありがとうございます。
ヘンリーさんのもいつにない大作になってますね。
やはりそれだけ濃い10時間だったということでしょうか?
フィニッシュ楽しみにしてます♪
  • なみのり
  • 2013/06/08 10:48 PM
長い完走記でしたね。まだ続きが有るんじゃないでしょうか♪なみのりさんの人気の理由がよくわかります。次回も楽しんで、そして頑張ってサブスリーの方を先に達成してくださいね。
愛媛のSさん、温かいコメントありがとうございます。
今治は短い滞在でしたが、楽しめました。
我々の一行の中で約1名、バリィさんに異様に反応する方がいましたし・・・(^-^;
来年はしまなみでお会いできるといいですね♪
  • なみのり
  • 2013/06/08 10:55 PM
とっきゅうさん、ありがとうございます。
続きですか・・・?
あとは乳酸が脳にまわったお恥ずかしい話ばかりですから・・・(^^;
これからはサブ3達成に向けて頑張ります(^^)v
  • なみのり
  • 2013/06/08 10:59 PM
takakiさん、ありがとうございます。
ヘンリーさんの完結編、楽しみにしましょう(^^)/
  • なみのり
  • 2013/06/08 11:00 PM
takakiさん、おくちゃん、ぽじさん、おまけのコーナーにまでお付き合いいただき、ありがとうございます。なみのり先輩とこの長い行程の99%を別々に過ごしたので、伝えたいことが多くて、こんなことになってしまいました。昨日は飲み会で、今日は朝から仕事で、夕方からカミさんの実家に拉致されたので、時間が限られてましたが、皆さんのコメントに大いに励まされました。15時半くらいから一生懸命打ったのですが、また終われませんでした。誤字も多いですね。
  • ヘンリー
  • 2013/06/08 11:53 PM
なみのり先輩すみません。
明日、帰宅してから、ひっそりとこの報告を終らせていただきます。
  • ヘンリー
  • 2013/06/09 12:01 AM
お疲れ様でした。
5回に渡るレポ、とても面白かったです。
私もいつかはしまなみ海道、チャレンジしてみたいです!!
次回のなみのりさんの本命レースは、11月の下関海峡でしょうか??
なみのりさんはサブ3ということで、私はまずはサブ4を目指して頑張ります!
  • Octavas
  • 2013/06/09 7:30 PM
「しまなみもなみのりもやっぱりすげえや♪」/「しまなみ海道にもオオカミがいたよ(5.1)」

 来島海峡展望館のある糸山公園を右に見ながら天井回廊を下ると91.9kmのエイドには4人くらいが休憩していました。ここでは今治銘菓「一笑堂の鶏卵饅頭」がふるまわれます。スタッフの皆さんに挨拶だけ済ませて通過したところ、慌てて黄色のTシャツのランナーが追いかけてきます。来島大橋でも会ったばかりですが、20km過ぎに初めてかわされてから、今日で10数回目の顔合わせです。スピードは私より圧倒的に速いのですが、エイドに時間をたっぷり掛けて、ビューポイントでたっぷり写真を撮っているので、その間に私が前に出て、かわされるを繰り返してきました。橋から市街地に下りる坂道でまたまた、かわされてしまいました。

 歩行者・自転車道路は螺旋状になっているので、雨が避けられるポイントがあり、aco先輩が休んでいました。彼女もここまで70km以上の道のりをやってきたわけですから疲れていないはずがありません。しかも、自分のことよりも、イクシーさんを含め4人を気遣ってくれながらの行程でした。全身びっしょりで、体も冷えていることでしょう。なのに、声を掛けると「なみのり先輩がゴールシーンに間に合うように、ゴールに向かいます。それではゴールで!」と気丈に答えて軽やかに下っていくのでした。

県道161号線を下って、国道317号線にぶつかると、それに沿って市街地に入ります。ここからは残り8kmありません。体は限界を超えていますが、なみのり先輩との勝負はまだ諦めていません。昨年は最後の5kmで40分以上かかってしまい、残念な幕切れでした。この区間は実際何キロあるのか計測したことはありませんが、終盤ということもあるのでしょうが、もの凄く長いのです。

ゴールまで気持ちを切らさないことも大事ですが、とにかくこれから十数か所ある信号を如何にクリアするかで結果は随分と変わってきます。ポイントは今治北ICに接続する交差点、県道今治港線を横切る今治の誇る「母恵夢(ぽえむ)本舗本店」前の信号、そして、今治城の中を通ってから横切る産業道路の3か所です。とにかく100m先くらいに赤信号が見えたら、とにかく力を振り絞って信号に出来る限り近づく、そして次の青で渡るという地味な作戦を繰り返します。

今治北IC下の交差点をタイミング良くクリアすると、高速道路の下に私設エイドがありました。「先を急ぎますのでスルーさせていただきます。今日はありがとうございます」と、この頃になると毒が抜け切っているので、素直にこんな言葉が出てきます。ものすごい拍手で「あと5km頑張って!」と送り出してもらいました。

あと5kmとのお声掛けをいただきましたが、実際95kmのオレンジ色の表示板はここから約500mくらい先にあることは経験でわかっています。時計はスタートして9時間53分、10時間までに95kmに到達できれば、最後の5km40分かかったとしても、前回大会の自己記録10時間40分は更新できそうです。それをより確実にするために、10時間に対してどのくらい貯金が出来るかなど考えてモチベーションを上げます。

95kmは9時間56分09秒でした。初めて10時間以内にここまで来れました。でも、感動に浸っている時間はありません。なみのり先輩は右も左もわからない中を20分も前にここを通り過ぎているのですから。さあいよいよ残り5km、10時間までに少しでも前にと進みます。先に見える信号で、例の黄色のTシャツランナーが結構な時間足止めをくらっているのが見えます。私はその背中を目指してスピードを上げます。今治市街に入ってからも、すでに姿を見るのは3回目です。とにかくスピードは速いのですが、信号にかかって、私が詰めることを繰り返しています。そして、また小さくなっていきました。

96.2km地点に最後のエイドがあります。ここからなら、少々のトラブルがあってもゴールできるので、私は足を止めたことがありません。今回も「今日はありがとうございました。スルーさせていただきます!」とスタッフの皆さんに声を掛けると、黄色のTシャツランナーがスタッフと肩を組んで写真を撮っていました。残り3.8km、逃げ切りたいですが、また追いかけてくるのでしょう。
  • ヘンリー
  • 2013/06/09 8:34 PM
なみのり先輩がとぼとぼ歩いている姿を期待したのですが、初めてにもかかわらず、100km走りきったようです。サークルKがある角地で二股に別れる道を左側に進んで国道317号線とはお別れです。学校給食センターの前を過ぎて、レジャーボートがたくさん係留してあるマリーナを左に見て白い橋を渡ります。この辺りからは、旧商店街のようなところを通るのですが、道も狭いため車にも気を使います。果物屋の軒先の籠に入ったフルーツすれすれを走ることもあります。

右側にスーパーが見えると、車はいつも渋滞しています。そこを過ぎると「大黒湯」という風情のある銭湯が現れ、レトロな米屋や美容室を通り過ぎた200m先くらいにまた「本町温泉」という銭湯があります。ここまで、順調に信号はすべて青でクリアしています。このまま「母恵夢前」の信号も順調にいきたいものです。あそこはタイミングを間違えると2分近くロスしてしまいます。

大仙寺というお寺の前で、後ろから足音が近づいてきました。黄色いTシャツランナーです。やはり逃げ切れませんでした。あっという間にかわされてしまいました。でも、まだ残り2.5km、信号もいくつかあるのでチャンスがあるでしょう。

残り2kmの「母恵夢前」の信号が見えてきました。黄色いTシャツともう一人が待っています。背中目がけて最後の力を振り絞ります。

信号を何とかギリギリで通過できました。この大会ではお馴染みの時計屋の主人がお客さん何人かと手をたたいて応援してくれています。黄色のTシャツは辰の口公園を右折しました。50m後ろを追いかけます。橋を渡って城門をくぐり、今治城に入ると、15段くらいの石段を駆け上がって、3人の中でトップに立ちました。昨年は30秒以上もロスをした産業道路も難なく渡って残り1km、ここまで来たらなみのり先輩も這ってでも先着するでしょう。さすがに諦めました。

有津屋公園まで北上し、右折してフジグラン今治方面へ向かいます。公園手前で黄色いTシャツにまたもかわされて、どんどん小さくなります。しかし、その後の2か所の信号に両方とも引っかかった彼と残り150mでまたも追いついて、最後の勝負。

最後もかわされたまま、ゴール前で着衣に乱れはないか気にしながら、ゴールのカメラに向かって会心の笑顔でゴール。寸前に10時間28分台の時計も確認したので、テンションも高めに「海宝さん!楽しかったです!」と固い握手、海宝さんも喜んでくれて、「そう!そんなに楽しかった?ありがとう!」ともう一度、抽選会場前まで握手をしにきてくれました。なみのり先輩とのことを考えれば、もっと面白くできたかもしれませんが、悔いはなく充実感・達成感だけでした。

 さてなみのり先輩は?ゴール会場のテクスポート今治のホール内ではすでに上級ランナーがお連れさんと30名くらい、座ってレースを振り返っているようです。ホール奥で荷物を受け取りましたが、姿はありません。一度、ホール外のスペースに出て2階の更衣室に上がろうとしたところ、減量終りの力石のような人相のおっさんが、薄ら笑いをうかべてこっちを見ています。しかも、気にしないようにDAKARAを飲んでいたら、ゆら〜と少しづつ近づいてくるではないですか。

「あっaco先輩、お疲れ、助かりました!」と駆け付けた私の知り合いに声を掛けるまで、その人がなみのり先輩とは気が付きませんでした。そのくらいまで、自分を追い込んできたのでしょう。

ここからはなみのり先輩の記憶とほぼ重複します。しばらくして、10時間台の自己記録更新でゴールしたイクシーさんと「なみのり師匠はもの凄かったですね」とか話をしながら着替えをすませ、スマイルkaoから時速5kmで80km過ぎ地点を移動中とaco先輩に電話が入ったので、一旦、ホテルに入って入浴の後、再会することにしました。あと、制限時間まで5時間弱、今回は三度目の正直になりそうです。

ところが、aco先輩も当初は一緒にホテル入りすることになっていましたが、やはり、まだ自転車を返していないので、雨がザーザー降りしきる中、腹ペコkaoを迎えに行くと言います。私たちよりはるかに年下のkaoの先輩は、本当に優しい先輩です。

 想定より早い時間に「腹ペコkaoが今治城に入った」とaco先輩から連絡を受けた我々はタクシーで彼女のゴール寸前に到着、年明けからのなみのり塾主催の30km走企画に皆勤賞の甲斐あって、3度目の挑戦でびしょぬれになりながら、感動のゴール!冷たい彼女の手と握手しながら、過去2回を共に戦っただけに、こちらも熱くなりました。kaoも最高の泣き顔を見せてくれました。

そして4人で撮ったのが、例の写真ですが、お隣の方は干し首みたいになっているし、私は2m
  • ヘンリー
  • 2013/06/09 8:37 PM
くらい(?)前に出て撮ったので、顔の大きさが気になります。

 イクシーさんもこの頃、宿屋の自転車を借りて雨の中、向かっていただいていたのですが、ゴールの瞬間には間に合いませんでした。この後、念願の寿司屋さんで5人の打ち上げをしました。2年前にも腹ペコkaoのリタイア後にaco先輩と3人で来た優しい大将のいるお店です。過去も含めて楽しかったこと、苦しかったこと、嬉しかったことが相まって、話は尽きませんでしたが、このブログの中のやり取りが現実になって不思議な気持ちでした。それにしても、この約束が果たされるまでには大変な道のりでした。すべてはあの100kmをある程度の時間で完走しなければ始まらないのですから。随分と大食いkaoには重圧だったと思います。イクシーさんもわざわざ一泊二日のスケジュールにしていただいて、ゴール後も我々に合わせていただき、本当に感謝しています。

なみのり先輩は終始、お疲れ気味、それでも、翌日の我々のわがままにもすべて付き合っていただきました。今回のなみのり先輩との初の100km対決は完敗となりましたが、次も何か面白い対決を仕掛けたいと思います。長々とした駄文、失礼いたしました。
  • ヘンリー
  • 2013/06/09 8:41 PM
Octavasさん、ありがとうございます。
面白いと思ってもらえたなら嬉しいです。
結構ハードでしたが書いた甲斐がありました。
次の本命レースは12月の防府読売でしょうか。
お互い頑張って行きましょう!
  • なみのり
  • 2013/06/09 9:24 PM
ヘンリーさん、ありがとうございます。
もうあれから1週間以上たったとは思えないような、昨日のことのようにも思えるし、夢の中の出来事だったような気もします。
でもあまりにも疲れたので、当分対決したくないですネ(^^;
  • なみのり
  • 2013/06/09 9:33 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

JOG NOTE

counter

●主なレース実績

○2008年12月21日(日)
第39回防府読売マラソン 3:42:00
○2013年5月4日 第23回山口100萩往還マラニック《70km》 7:45:23
○2013年6月1日
第13回しまなみ海道100kmウルトラ遠足 10:10:39
○2015年2月1日
第64回別府大分毎日マラソン 3;04:39
○2015年5月3日4日(祝)
第27回山口100萩往還マラニック《B140km》 18:51:08
○2015年12月20日
第46回防府読売マラソン 2:58:43

●mail

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM