シーズン最初の30km走/koume道場!

 今日はまたkoume道場@セミナーパークへ参加。いよいよレースシーズンモードでメニューは「30km走」です。


 koume師匠の設定は「マラソンレースペースプラス20秒くらいで」。ということは僕の場合4:30〜4:35/kmくらいか。正直このクロカンコースでいきなりそんなペースで走れるとは、まったく自信がありません。8月に行った15km走では4:40/kmでもヘロヘロでしたから。

 今日は参加者が多くて17〜18名はいたでしょうか。実はテレビの取材も入っていました。僕は先週の木曜日レディース道場、そして昨日のチーム練習会に続いて、若き実力派女性ランナーSAYAKA嬢やアリス・まつジュンさん、トオルさんとおなじグループでスタート。1周3kmのクロカンコースをだいたい13:40〜13:45くらいでいければいいかと思いながら走り始めました。


周回  ラップ  心拍数(平均/最高)
1周目  13:22     139/152bpm
2周目  13:26     145/154bpm
3周目  13:22     146/155bpm
4周目  13:27     146/155bpm
5周目  13:24     146/155bpm
6周目   13:23     147/155bpm
7周目  13:23     148/156bpm
8周目   13:28     151/161bpm
9周目   14:04     151/159bpm
10周目 14:51     151/157bpm


 思ったよりちょっと速いペース展開となりました。13:30でちょうど4:30/kmペースですから、8周目まではだいたい4:27〜4:29/kmくらいで走れていたことになります。心拍数も、クロカンコースなので上下はありますが7周目までは安定しています。このあたりまでは自分でも予想以上によく走れている感覚でした。
 ところが、8周目の後半で下りに差し掛かったあたりから急に足が重くなってストライドが伸びなくなりました。心肺もきつくなってきました。若干ペースアップしたように見えるSAYAKA嬢とみるみるうちに差が開いていきますがどうしようもありません。この感覚はどうやらエネルギー切れのようです。やっぱり昨日、もっと言うと先週水・木とポイント練習が続いている影響で筋グリコーゲンがかなり枯渇していたのでしょうか。

 最後の2周はただ走っているだけ、という感じになってしまいました。
 でも考えてみるとここ数年この時期に本格的な30km走とかやったことないような気がします。去年は故障してたし・・・それからすると、この時期にこのコースでこれだけ走れたら現状としてはまずまずでしょうか。


今日は快晴。早朝はすごく気持ちよかったのですが、走ってるうちにだんだん暑くなってきました。



心拍数ゾーンのグラフに異変が!このグラフで見るとゾーン1とゾーン2だけになっていて、ごく軽いジョグ程度の刺激となっています。あんなにヒイヒイ言いながら走ったのに!案の定、最大心拍数の設定がなぜか「自動」になっていて、「212bpm」とかありえない設定になっていました。なぜだ??

 さて、昨日書こうと思って忘れていたのですが、桐生祥秀選手の『9秒98』おめでとうございます!何度か書いているように僕は高校時代に100・200を専門とするスプリンターだったので、16・17歳の頃からずっと100・200の日本記録にはずっと注目してきました。伊東浩司さんの『10秒00』も、末続慎吾選手のパリ世界陸上200mの銅メダルも、リオ五輪の4×100mリレー銀メダルも、しっかりまぶたに焼き付いています。今年の夏の世界陸上でのサニブラウン君の活躍やリレーでの銅メダルも記憶に新しいところです。この土曜日に日本インカレがあって桐生選手と多田選手の一騎打ちになりそうだという状況も前日まではしっかりチェックしていました。ところが土曜日当日、決勝の時間はすっかり忘れていて、スマホに飛び込んできたYahoo!の速報で知った始末!
 あとで映像を観ましたが、桐生選手も、多田選手も素晴らしい走りでした。今シーズンは序盤快調だったのに日本選手権で敗れて世界選手権はリレーのみとなり、他の選手が注目されるばかりでしたが、なんだかんだ言って10秒0台を一番多く記録しているのは桐生選手だし、結局桐生選手が最初に10秒を切ったというのがうれしかったです!

 さらに一夜明けて今日の読売新聞で読んだのですが、今シーズンの成長の要因のひとつに、あのハンマー投げ室伏さんの指南を受けて体幹トレーニングに取り組み、その成果で身体が反ることがなくなったのだとか。この記事にはちょっと「ハッ」としました。桐生選手と比べること自体がナンセンスかもしれませんが、僕も同じようなことを考えていたのです。今年の夏前から取り組んでいる「走り方改革」の大きなテーマが『重心を少し前に置き、スムーズな重心移動で走る』ことだからです。これには当然体幹も大きく関わってきます。最近ヒルトレーニングやスピードトレーニングをやるようになってそのあたりはさらに実感するようになっていて、今日の30km走でも、安定して走れていた時には重心移動や骨盤の動きがスムーズだったように思うのですが、疲れてきてからは、悪い癖が顔を出しまさに身体が反りかえってしまってストライドも狭く、ペタペタ走っている感じになりました。このあたりに大きなヒントがありそうです。

 

 

■今日のトレーニング
30km走 2時間16分9秒(4:32/km)

アップ2.2km ダウン2.2km 

平均心拍数:147bpm 最大心拍数:162bpm

体幹トレーニング(長友式):おやすみ
シューズ:
adizero takumi ren boost2 red/250km
Tarther zeal 5 /696km
adizero Japan boost3/743km
Tarther zeal 5 slim /216km
今月累計:138.7km


Peace, hope on earth.


マラソン・ジョギング ブログランキングへ




コメント
景色が綺麗な公園ですね(^∇^)

水・木・土と、激しい練習が続いている中での「30km走」お疲れさまでしたm(__)m
色々と課題を見つけながら、更なる走力アップに繋げていきたいですねv(^^)

日本の短距離界は、更に盛り上がりそうですね♪
最大心拍数の設定が自動?
そんな設定ってありましたっけ(^^;
もしかして、200くらいが本当の最大心拍数とか?
30kmクロカン走お疲れ様でした。
うーん素晴らしい
多分なみのりさん朝食としては
パンちょっと食べただけでしょうから
←かってに決めつけ(笑)
かなりグリコーゲン少ないので
最後は当たり前の反応ですよ
前日追い込んでクロカンコースで
4:30/kmなんて…自分は全く動きません(汗)
心拍数
どこかで212記録したんですかね…
garminたまに設定が変わってしまう事あります
多分garminのシステムアップデートの
影響では?
monoranさん☆ありがとうございます。
ポイント練習が続いているわりにはよくはしれたのかなと感じています。
今週は少し注意ぶかく走っていこうと思います。
  • なみのり
  • 2017/09/11 11:54 PM
としさん☆ありがとうございます。
あるんですね〜。
マイデータ→ユーザープロフィール→心拍ゾーン→規定値→最大心拍数
もしかして920だけでしょうか。
  • なみのり
  • 2017/09/12 12:00 AM
takakiさん☆ありがとうございます。
ご指摘の通り、朝食は食パンとバナナでした。
この時期にガス欠を経験しておくのはある意味いい練習だったのかなと思っています。
  • なみのり
  • 2017/09/12 12:02 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

JOG NOTE

counter

●主なレース実績

○2008年12月21日(日)
第39回防府読売マラソン 3:42:00
○2013年5月4日 第23回山口100萩往還マラニック《70km》 7:45:23
○2013年6月1日
第13回しまなみ海道100kmウルトラ遠足 10:10:39
○2015年2月1日
第64回別府大分毎日マラソン 3;04:39
○2015年5月3日4日(祝)
第27回山口100萩往還マラニック《B140km》 18:51:08
○2015年12月20日
第46回防府読売マラソン 2:58:43

●mail

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM