書評:マラソンランナーへの道

 もう少し続けます。「マラソンランナーへの道」


 今日は「ミトコンドリア」について。今日も本文から少し引用してみます。

 『糖質代謝では、肝臓や筋肉にたくわえられたグリコーゲンが分解され、細胞内の細胞質とミトコンドリアを順番に通ることによってATP(※なみのり注:ATPは“エネルギー通貨”と称される無酸素有酸素を問わないエネルギー物質---編集者のオサム君からの情報)が作り出されます。 (p.32)』
 よく、ミトコンドリアは「エネルギーの産生工場」と言われますが、こういうことなんですね。

 『ミトコンドリアの機能改善と量的発達には、長時間走、早朝トレーニング、高強度トレーニング、ガチユル走など、体内の糖レベルを低下させるようなトレーニングなら、何をやってもよいことになります。自分のライフスタイルや体の状態に合わせ、バラエティに富んだトレーニングメニューを組めるようになるとよいのではないでしょうか。(p.95)』
 だそうです。ある意味ここにはトレーニングメニューを組み立てる要素が集約されているように思います。

 ミトコンドリアひとつ取っても、こんな感じで非常にわかりやすく平易な表現で書かれているのでこれまで知っていたことをベースにさらに理解を深めることができます。

 ということで今日はこの辺で。
 日曜日からまったく走っていませんが、今のところ走れないストレスも、レースを棄権したショックも、仕事の忙しさのおかげであまり感じずにいられます。最近、夜は星が、朝は月が、とっても綺麗です。


 

「マラソンランナーへの道」なみのりもちょっとだけ関わった(と勝手に思い込んでいる)本です。

■今日のトレーニング
休足日
体幹トレーニング(長友式):おやすみ
シューズ:
adizero takumi ren boost2 red/638km
Tarther zeal 5 slim /653km
adizero takumi ren boost3/123km
adizero Japan boost3 45km
今月累計:85.4km


Peace, hope on earth.




 

 

JUGEMテーマ:マラソン・ランニング


コメント
「長時間走」と「早朝トレーニング」は、僕が日曜日にやっている事と同じですね(^∇^)
知らない内に、ミトコンドリアに対しての活動を、やっていたのですね(^^)(^^)
理論を知って、それを実践すれば速くなりそうですね(*^^)v

なみのりさんは、いつまでランオフを我慢できるかなぁ〜。
頑張って下さい。
ミトコンドリアを活性化させるは
走る上で重要なテーマですね♪
仕事落ち着いたら
ガンガン増やしましょう♪
monoranさん☆ありがとうございます。
朝の長時間走は特に有効ということになりますね。
これからも続けてください。
  • なみのり
  • 2018/03/15 12:47 AM
としさん☆ありがとうございます。
今はとりあえず忙しくて走れないのである意味ちょうどよかったかも。
来週は少し落ち着くので、そこからが問題でしょうか?
  • なみのり
  • 2018/03/15 12:49 AM
takakiさん☆ありがとうございます。
その通りですね。
とにかくミトコンドリアミトコンドリアミトコンドリア(^^;
  • なみのり
  • 2018/03/15 12:50 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

JOG NOTE

counter

●主なレース実績

○2008年12月21日(日)
第39回防府読売マラソン 3:42:00
○2013年5月4日 第23回山口100萩往還マラニック《70km》 7:45:23
○2013年6月1日
第13回しまなみ海道100kmウルトラ遠足 10:10:39
○2015年2月1日
第64回別府大分毎日マラソン 3;04:39
○2015年5月3日4日(祝)
第27回山口100萩往還マラニック《B140km》 18:51:08
○2015年12月20日
第46回防府読売マラソン 2:58:43

●mail

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM