勝手にランニングシューズ考/ナイキ・エピックリアクト

 最近注目のシューズが次々と現れていますね。久しぶりに「勝手にシューズ考」をやってみたいと思います。


 注目のシューズは、「ナイキ・エピックリアクト」「ナイキ・ズームフライ」「アディゼロサブ2」。今日はとりあえず「ナイキ・エピックリアクト」について。
 公式サイトはこちら

 キャッチコピーが「ふあ・かる・ぴょーん」だそうで、いかにも軽快に走れそうです。最大の特徴はミッドソールの「エピックフォーム」。これがクッション性、反発性、軽量、耐久性という、従来同時には不可能を思われた特徴をすべて実現したのだとか。ナイキのLunarフォームに比べて反発性と耐久性で上回り、ZoomXに比べると、ZoomXはスピード性に優れているのですが、エピックフォームは上に挙げた4つの特徴をすべて満たしているそうです。要するに万能型ということでしょうか。※重さは公式サイトによると男性28cmで239g、女性25cmで195g。
 またアッパーはナイキ独自のフライニット構造。縫い目がなく、シュータンも一体化されています。これは気持ちよさそうです。




画像はお借りしました。

 ショップで女性用の24cmくらいのものを見つけたのですが、ちょっと触ってみるとクッション性は見るからに高そうです。また写真にある、ソールのつま先とかかとの色の違う部分は硬い樹脂でできていて、グリップと蹴り出しをサポートしています。また、少し力を入れて曲げてみましたが、見た目と違って屈曲性は高くなく、これも反発性を高める要素となっているのでしょうか。

 

 従来のシューズとは全く違う、ジョグからスピード練習、レースまで幅広く使えそうな大注目のシューズだと思います。使ってみたい!しかしこれがまた品薄です。店頭でもネットでも、女性用の23とか24くらいならありますが、男性用はほぼ品切れです。この品薄状態が解消される日は来るのでしょうか?



 

「マラソンランナーへの道」なみのりもちょっとだけ関わった(と勝手に思い込んでいる)本です。

■今日のトレーニング
散歩 約40分 3.6km
体幹トレーニング(長友式):体幹トレーニング10分
シューズ:
adizero takumi ren boost2 red/638km
Tarther zeal 5 slim /653km
adizero takumi ren boost3/123km
adizero Japan boost3 45km
今月累計:85.4km


Peace, hope on earth.




 

 

JUGEMテーマ:マラソン・ランニング


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

JOG NOTE

counter

●主なレース実績

○2008年12月21日(日)
第39回防府読売マラソン 3:42:00
○2013年5月4日 第23回山口100萩往還マラニック《70km》 7:45:23
○2013年6月1日
第13回しまなみ海道100kmウルトラ遠足 10:10:39
○2015年2月1日
第64回別府大分毎日マラソン 3;04:39
○2015年5月3日4日(祝)
第27回山口100萩往還マラニック《B140km》 18:51:08
○2015年12月20日
第46回防府読売マラソン 2:58:43

●mail

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM