勝手にランニングシューズ考2018/アディゼロ・サブ2

 「勝手にランニングシューズ考2018」。今日はこれも超話題の『アディゼロ・サブ2』について。





オフィシャルサイトはこちら

 最近ナイキは「厚底・軽量・高反発」で『ズームフライ』やさらにクッショニングを重視した『エピックリアクト』を投入していますが、アディダスはむしろ正統派というか「とにかく薄く、軽く」を追及しているようです。

 今やアディダスの定番となった「ブーストフォーム」は僕も大好きで、その軽さ、クッション性、反発性は実感していますが、今回はエリートランナーのための「ブーストライト」を新開発し、一層軽くなり、かつてないクッションと反発性を提供するそうです。
 ラスト=足形もアディダス独自の「マイクロフィット」で足に吸い付くようなフィット感を実現し、軽さと通気性を発揮するエアメッシュアッパーを採用しています。
 またびっくりするのがアウトソール。アディゼロ匠シリーズで部分的に搭載されている「コンチネンタル」という反発性の高いラバー素材が前面に使用されています。見た目はなんか滑りそうですが、これが一歩一歩しっかりとしたグリップを生むのだとか。


 とにかく、軽く、速く、さらに快適にという方向にすべてが集約されている印象です。重量は27cmで160gとあの『アディゼロタクミ戦』よりも10g軽量化されています。ドロップ(踵と前足部の厚みの差)は10mmと、タクミ練あたりと同等です。見た感じつま先にいくにしたがって薄く、真ん中あたりが一番厚みがあるように見えます。

 いかにもエリートランナー向けのシューズで、僕なんかには無縁なのか?と思ってしまいますが、中にはサブ3.5ランナーがこれでフルマラソンを走って好記録!みたいなブログ記事もあるので、僕なんかでも履けるのか?いやいや、これに挑む勇気は今のところありません。アディゼロタクミ戦で故障したし〜(^-^;
 でもデザインはカッコいいなぁ!

 

「マラソンランナーへの道」なみのりもちょっとだけ関わった(と勝手に思い込んでいる)本です。

■今日のトレーニング
休足日
体幹トレーニング(長友式):おやすみ adizero takumi ren boost2 red/643km
Tarther zeal 5 slim /653km
adizero takumi ren boost3/123km
adizero Japan boost3 59km
今月累計:13.9km


Peace, hope on earth.


人気ブログランキングへ
1日1回クリックお願いします!


 

JUGEMテーマ:マラソン・ランニング


コメント
ソールパターンが面白いですね。
それにカッコいいです。
でも、ぼくには履く資格がないです(^^;ゞ
真っ黒なシューズですね。

「真っ黒」→【忍者】→「軽快で素早い」→[快走に繋がりそうなシューズ]
このシューズを使っているのは【何人じゃって】聞きたいです(^∇^)
としさん☆ありがとうございます。
そうですね。
このソールパターンが特徴ですね。
僕にも履く資格がないです(^-^;
  • なみのり
  • 2018/04/07 10:57 PM
monoranさん☆ありがとうございます。
「何人じゃ!?」って忍者はすぐに隠れるのでわかりません(^-^;
  • なみのり
  • 2018/04/07 10:58 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

JOG NOTE

counter

●主なレース実績

○2008年12月21日(日)
第39回防府読売マラソン 3:42:00
○2013年5月4日 第23回山口100萩往還マラニック《70km》 7:45:23
○2013年6月1日
第13回しまなみ海道100kmウルトラ遠足 10:10:39
○2015年2月1日
第64回別府大分毎日マラソン 3;04:39
○2015年5月3日4日(祝)
第27回山口100萩往還マラニック《B140km》 18:51:08
○2015年12月20日
第46回防府読売マラソン 2:58:43

●mail

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM