時代は変わる/萩往還マラニック・ボランティア完踏記(6)

2018年5月4日 何曜日かわからない
「山口100萩往還マラニック大会」最後の朝を迎えました。


 この日の朝6時には瑠璃光寺をC70kmの部がスタートして、みんなが萩をめざしているはずです。acoさん、そしてみかんさんも。どこかで出会えるかな?
 僕たちは176km宗頭文化センターを出て、207.4km萩市の虎が崎「つばきの館」へ向かいました。途中195.5km玉江というところからは250kmの部と140kmの部のコースが合流していて、140kmの選手たちも多く見られるようになります。140kmでもここらは90km〜95kmというところで、みんなかなり疲れているはずですが、それでも250kmの選手に比べると元気に見えます。

虎ヶ先の朝

 

ここではおいしいカレーをいただくことができます。140kmを走った時に実感しましたが、ここでカレーが食べられないと、完踏はできません。


 虎ヶ崎は到着時間を記帳することになっていて、チェックすると我らがヘンリー王子は前夜の23時台に通過しています!上から20〜30番くらいにいたのですぐわかりました。他のみなさんはわかりませんでした。そして、「つばきの館」からいったん戻る途中、明神池を通り過ぎようというところで・・・アッ!あれはごろうさんだ!


 時間は確か朝の6時くらい。歩いてはいますが足取りはしっかりしています。残りは約50km。制限時間までは12時間。残り全部歩いてもなんとか完踏できるペースです。正直な話、ごろうさんがここまでやるとは思っていませんでした。気持ちさえ折れなければ完踏できる!頑張れ!ごろうさん!

 そしてこの辺で、ヨッチさんからLINEが。とうとう脚が動かなくなったのでリタイアしたいと・・・・残念でなりませんが、仕方ありません。どうせなら僕が収容しようと、玉江駅(195.5km)までなんとか来るように伝えました。

 玉江駅でヨッチさんを車に乗せ、僕の手で無念の計測チップを外しました。そしてバスが出る直前に宗頭文化センターへ送り届けました。ヨッチさんはクルマに乗るとホッとしたのか、すぐに眠りこけていました。お疲れさま、ヨッチさん。今年は残念でしたが、去年は見事に完踏しているのですから、立派なレジェンドです!

 こうなるとほかの仲間たちのことが気になります。ヘンリー王子は?旦那さんは?O次長は?中でもヘンリー王子は、前日17:30に宗頭を出発したと本人からの情報が入った以降は音沙汰がありませんが、あの調子ならその後少しペースが落ちたとしても、朝の6時か7時くらいにはゴールしていることでしょう。また、旦那さんやO次長は宗頭あたりで出会っても不思議ではないのに、全く様子がわからず、ちょっと心配に。
 僕たちはこのあと昼間担当のスタッフと交代して山口市へ戻ります。宗頭と虎ヶ崎で任務を終えたスタッフを乗せて帰ることになり(お二人とも京都からこの大会でボランティアをするために毎年GWに来られています。何度も言いますが、こんな人ばかりです。)、再び虎ヶ先へ。


虎ヶ先「つばきの館」


椿群生林の中へ入っていくランナー達。

 交代してからはジャンボタクシーから普通のタクシーに乗り換えて山口市を目指します。

 ここからの帰り道の多くはコースなので、各種目のランナー達が頑張っている様子を見ながらタクシーに乗っていました。たくさん寝たので眠気もありません。そして!向こうからやってくる70kmのランナーの中に見慣れた姿が!こちらは車なので、一瞬のすれ違いざまに、急いで窓を開けて、「あこ!ファイト!!!」と声援を送りました。acoさんがいいペースで走っています!ちょうどいいところで出会えました。この時はわかりませんでしたが、あとで聞いたら、ちゃんと僕の声援は聞こえていたようです(^-^)v

 山口へ戻ったのが確か10時頃。11時頃にはゴールしてくるランナー達を迎えに、また観光客や応援の人たちで混雑するので、交通整理のために瑠璃光寺へ。


この日の瑠璃光寺五重塔。空は快晴で、やや風が強くて少し肌寒い感じはありましたが、萩往還最終日としてはいいコンディションだったのではないでしょうか。

 瑠璃光寺に着いて、たぶん1分も経たないうちに、ちょうどいいタイミングで心配していたあの人が帰ってきました!


O次長です!3日の明け方4時半か5時ごろに俵山温泉で見送ってから一度もお会いすることがなく、どうしたのだろう?もしや、さすがのO次長も急に単独走になって、いつもと勝手が違い、リタイア???なんて思いが頭をよぎったこともあります。なにせ俵山温泉ではほとんどリタイア収容バスと同じくらい、ほぼ最後尾を走っていたのですから、その後僕と全く会わないとは考えづらい。それがそれが、4日の11時ごろといえば制限時間をまだ7時間も余しての41時間くらい。まだこの時間にゴールに帰ってくるランナーはまばらなのに。俵山温泉からいったいどれだけペースを上げて走ってきたんでしょう!?まさに驚愕の超人です。しかもこれでO次長ご自身としては9回目の250km完踏。この大会、順位や記録での表彰はありませんが、唯一の表彰は250km10回完踏だけ。この最後の大会で9回目の完踏とはある意味無念です。2年前だったか、1回だけエントリーできなかったことがあったそうで、あの年エントリーできて完踏できていれば・・・・でもO次長は間違いなく本物の『レジェンド』です!写真は、俵山温泉まで一緒だったお連れ様。あとから聞くとコース途中までO次長を迎えに行ってたそうです。

 O次長の走りにも驚きましたが、ここでO次長からさらに驚くべき情報がもたらされました。なんと、前日の夕方までは極めて快調なペースで進んでいて、この時間はとっくにゴールしてどこかで寝ているものだろうと思っていたヘンリー王子が、佐々並を過ぎたあたりをトボトボ歩いていた、というのです!佐々並というとゴールまでまだ14kmあります。O次長が抜いてからはかなり進んでいるとしても、まだまだかかりそうです。しかもO次長の話では、ゼリーやスポーツ羊羹を分けてあげようとしても、もう受け付けないというほどで、ヘロヘロで歩いていたというのです。さすがにこうなると心配になってきます。時間はまだたっぷりある。完踏を信じて、急がなくていいからとにかく無事にゴールしてほしい。そう願うのみです。

 今日でこの「完踏記」もフィニッシュする予定でしたが、いろんな思いが浮かんできてまたとてつもなく長くなってしまいました。最後の萩往還マラニック大会。あと少しおつきあいください。

-------------------続く-------------------------------

今日の練習。昨夜の飲み会では酔いつぶれてしまってキャプテンにご迷惑をかけました。今朝はまだそのお酒がたっぷり残っていて、本当は早起きして30kmくらい走りたかったのですが、とても無理そうです。雨は降りそうだし、仕事にも行かなくちゃいけないし、酒が抜けるまで待ってるわけにもいきません。あまり気が進まない中、自宅周辺のロード周回アップダウンコース12kmをゆっくり走ることに。走り出してみると酒の影響はそれほどなさそうなので、ちょっと長めに走ることに。7kmほど走ったところで雨が降り始めましたが、それほど気にならず。途中ちょっと坂道ダッシュやリラックスストライディングも入れてみたりして、ファルトレク風に走ってみました。



■今日のトレーニング
ジョグ 16.0km 1時間26分30秒(5:24/km)
体幹トレーニング(長友式):おやすみ
adizero takumi ren boost2 red/670km
Tarther zeal 5 slim /719km
adizero takumi ren boost3/123km
adizero Japan boost3 227km
epic react 150km
今月累計:109.4km


Peace, hope on earth.



 

 

JUGEMテーマ:マラソン・ランニング


コメント
萩往還 最後の朝は、お日様も歓迎してくれましたね(^∇^)
70kmの部もスタートして、いよいよクライマックスですね(^^)(^^)

「無念にも、リタイアした選手」「見事に、完踏した選手」一人ひとりに、それぞれの想いが詰まった大会になったことでしょう。
207.4kmを走り続け、疲労マックスの時にカレーですか。
ぼくには食べられないと思います。
(まあ、その前にそこまで行けません)
食べられないと完踏できない… 本当に厳しい大会ですね。
夜中3時前につばきの館でカレーと缶ビールをいただき、笠山入口のバス停で30分仮眠。
ここで復活して、前を追いかけました。
ふらふらのヘンリー王子が心配でしたが、なすすべもなく…
ゴール手前でなみのりさんにお会いできてうれしかったです。
これで萩往還の振り返りも終わりですね。
萩往還、魅力的な大会でした。
ありがとう萩往還。さようなら萩往還。
  • O次長
  • 2018/05/14 7:59 AM
超ウルトラの厳しさをひしひし感じますね
しかし別大でスタート前ご一緒させて
頂いたO次長さん
タフですね〜
ボランティア完踏記クライマックス
楽しみです
monoranさん☆ありがとうございます。
いよいよクライマックスです。
完踏した人、できなかった人、それぞれにこの体験が糧になることを祈ります。
  • なみのり
  • 2018/05/15 12:08 AM
としさん☆ありがとうございます。
としさんのblogにも書かせていただきましたが、ウルトラは本当に補給のちからが大きいと思います。
補給し続けられる強さ、が勝負を分けるのでしょう。
  • なみのり
  • 2018/05/15 12:10 AM
O次長☆連日のコメントありがとうございます。
O次長にとってこの大会は本当に思い入れの強い大会だったことでしょう。
その一端でも、こうして共有できたことを感謝しています。
また時々、萩往還同窓会をやりたいですね。
またぜひ一緒にあのコースを走りたいです。できれば俵島あたり・・・?
  • なみのり
  • 2018/05/15 12:13 AM
takakiさん☆ありがとうございます。
そうですよね!takakiさんはO次長に会ったことありますよね!
もうほんとにあの方は超人です。
  • なみのり
  • 2018/05/15 12:15 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

JOG NOTE

counter

●主なレース実績

○2008年12月21日(日)
第39回防府読売マラソン 3:42:00
○2013年5月4日 第23回山口100萩往還マラニック《70km》 7:45:23
○2013年6月1日
第13回しまなみ海道100kmウルトラ遠足 10:10:39
○2015年2月1日
第64回別府大分毎日マラソン 3;04:39
○2015年5月3日4日(祝)
第27回山口100萩往還マラニック《B140km》 18:51:08
○2015年12月20日
第46回防府読売マラソン 2:58:43

●mail

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM