時代は変わる/萩往還マラニック・ボランティア完踏記(7)

 5月4日も昼を過ぎて徐々に瑠璃光寺に帰ってくるランナーが増えてきました。


 12時40分過ぎだったでしょうか?ついに彼の姿が遠くに見えてきました。勢いはありません。ゆっくりとゆっくりと近づいてきます。



   近くまで来てようやく僕の姿に気づいたようです。こんなにフラフラなヘンリー王子の姿は見たことがありません。2日前にスタートしていった時の笑顔、58kmの豊田湖畔公園で会った時の余裕の表情は見る影もありません。205kmの虎が崎までを約29時間で到達(1時間に約7kmペース)しながら、以後はやはり250kmの洗礼を受けたのか、後半45kmで13時間(1時間に約3.3kmペース)かかりました。これだけフラフラになりながら、あきらめずによくぞこうして帰ってきました!O次長から聞いた様子では、もっと時間がかかるのではないかと思いました。しかもまだ42時間台。タイムも堂々たるものです!もともとの高い走力に加え、入念に試走を重ねた準備と、そして何よりもこれに賭ける執念の勝利でしょう。

ヘンリー王子と一緒にゴールまで歩き、記念撮影!


レジェンドと一緒に撮ってもらいました。レジェンドは終始無表情でした。たぶん眠かったのでしょうねzzzzz

 ここでヘンリー王子にかまっている(?)隙に、もう一人の注目ランナーがいつの間にかゴールしていました。大変だ!フィニッシュの瞬間を見逃した!


70kmの女王みかんさんです。東京マラソンでの自己ベスト・大復活劇を拙ブログでも紹介させてもらいましたが、あれ以来好調をキープしていて、3年ぶりの70km参戦で、当たり前のようにぶっちぎりの女子トップ!この70kmを6時間台で走った女性は後にも先にも彼女しかいないのではないでしょうか?少なくとも今大会では、男性を含めてもたぶん5〜6人しかいないはずです。女王と記念撮影させてもらって喜んでいるなみのり。

 こんな風に書いてますが、一応スタッフとしては真面目にランナーや車、周辺の観客の誘導などをやっていたつもりです。あしからず。

 そしてそして、続いて現れたのはこの方!

 
 なんと70kmの部女性で3番目に帰ってきたのが我らがacoさん!なんと7時間33分だそうで、これは驚異の自己新記録。ちなみに僕はここの70kmのコースベストは7時間46分ですから負けてます・・・(^-^;

 acoさんもヘンリー王子のことを心配していました。途中ですれ違った時、あまりのフラフラぶりに心優しい彼女は号泣してしまったのだとか。

 この大会の特徴の一つに、制限時間が近づくほど盛り上がる!という法則があります。他の大会なら一番に注目される、各種目のトップランナーは、それぞれゴール時間は深夜(250kmの場合5月3日の深夜12時頃)だったり早朝(140kmの場合5月4日の朝6時台?)だったりするので、ほぼ誰もいないところにひっそりとゴールすることになります。4日の夕方6時の制限時間に近くなると、観光客や応援の人達や先にゴールした人たちが沿道で声援を送るため、どんどんにぎやかになっていきます。

 

 この日はファイナル大会の最終日だからか、名残惜しいのかたくさんの人たちが瑠璃光寺への最後の直線で、帰ってくるランナー達に声援を送っています。250km、140km、70km、すべての部門のランナーが入り乱れて帰ってきます。この日1日だけで、往復を含めると述べ3,000人以上の人たちが萩往還を通り、この瑠璃光寺へ帰ってきました。

 

おかえり〜!

おつかれさま〜!

完踏おめでとう!

 

 ここでランナーを迎えるのはこんな言葉たちです。長い長い旅の終わりをたくさんの声援が彩ります。仲間が帰ってくるのを待っている人たちも、自然に見ず知らずのランナーに声援を送っています。

 ゴールしたO次長やacoさんもやってきました。acoさんは結局最終ランナーまでここで迎えていました。

 

 帰ってくる選手達も、ボロボロになって傾きながら歩いている人、元気に走ってくる人、かみしめるように一歩一歩進んでいく人、さまざまです。特に女性の中に涙ぐんでいる人が多かったように思います。見ず知らずのそんな人達の涙にこちらももらい泣きすることもたびたび・・・

 

 萩往還マラニック最後の1日も暮れようとしています。

 

 制限時間の30分ほど前だったでしょうか?・・・・ついにこの人が帰ってきました。

 

萩の良心ごろうさんです!

 

朝虎ヶ先で会ってから約11時間半。もっと言えば2日前のスタート時点から、58km豊田湖畔公園、87km旧油谷中、164km仙崎公園、207km虎ヶ崎と何度も出会い、そのたびに激励しましたが、ついにここまで帰ってきてくれて、ホントにうれしかったです。しかもここへ来てこの笑顔!いつも彼は人に対してこれでもかというほどの気配りともてなしの心を忘れず、また他人の善意を素直に受け入れられる純粋な人です。そんな彼だからこそ、250kmの長丁場の間、もっというとヘンリー王子達と重ねた試走も含め他人とのつながりを自分のチカラに変えることができ、それが完踏につながったのではないでしょうか!?

 

山口100萩往還マラニック大会は終わりました。

 

スタッフの端くれとして、大きな事故もなくこの大会を終えられたこと。また多くのランナーやスタッフ仲間から、この大会が終わてしまうことを惜しむ気持ちを分かち合えたこと。そんなこんなを本当に感謝しています。

 

この大会を始めた小野会長(故人)はこんな終わり方をどう思われるでしょうか?小野会長が始められた時、こんなに多くの人から惜しまれる終わり方を想像されていたでしょうか?

 

 

この稿のタイトルを「時代は変わる」とさせてもらいましたが、今思うのは、変わるものもあれば変わらないものもある。ということでしょうか。ここに挑むランナー達の思いはいつも変わらないような気がします。

 

 

 

 

すべてのレースが終了して、僕たちは簡単な片づけを行って会場を後にしました。もうすっかり日が暮れて、五重塔はいつものように美しくライトアップされていました。

 

 

 

長文失礼しました。

 

 



今日の練習。仕事が遅くなってまたも休足日。

■今日のトレーニング
休足日
体幹トレーニング(長友式):おやすみ
adizero takumi ren boost2 red/670km
Tarther zeal 5 slim /719km
adizero takumi ren boost3/123km
adizero Japan boost3 227km
epic react 150km
今月累計:109.4km


Peace, hope on earth.



 

 

JUGEMテーマ:マラソン・ランニング


コメント
ついに、最後の萩往還は幕を下ろしましたね。
大きな事故・トラブルが出ることなく、有終の美を飾れましたね(^∇^)

選手全員の心がひとつになって、最後を迎えたのですね。
改めて、この大会が愛されていたのかが 良く分かります(^^)(^^)
笑顔なき無表情でのゴール。
それもこの大会では珍しくないのでしょうね。
過酷さが伝わってきます。
参加されたすべてのランナーの方、お疲れ様でした。
また、大会を支えたスタッフの方々もお疲れ様でした。
感動のゴール
誰もがヒーローになれる瞬間
誰もが輝いた瞬間ですね
この大会が無くなるのは
ほんと残念です
なみのりさんに励まされ力になりましたゴール前でお会いした時は嬉しかったー

萩往還を通じてなみのりさんのチームメイトの方々と出逢えなければ無謀なエントリーもしてなかったです改めて色々とありがとうございました
  • ごろう
  • 2018/05/15 9:18 AM
とうとう萩は終わってしまいましたね。2004年にはじめて阿蘇カルデラスーパーマラソンを走ったときに、受付会場で萩のチラシを配られてて、250kmなんて別世界と思いつつも憧れていた大会でした。わたしの回りはみんなウルトラを走り、萩に出た人も多いんですが、コースの素晴らしさを聞くにつれ、いつか走りたいと思ってました。走ってないランナーにとってもいくばくかの思いのある大会でした。
最後の大会にスタッフとして参加されて、すてきな思い出ができましたね。
お仕事が忙しい中での参加で、たいへんだったと思います。お疲れさまでした。
  • たこ
  • 2018/05/15 4:02 PM
monoranさん☆ありがとうございます。
ついに、幕を降ろしました。
最後の大会の記憶がいつまでもかかわったみんなの中に生き続けることを願います。
  • なみのり
  • 2018/05/16 12:18 AM
としさん☆ありがとうございます。
笑顔なきゴール。
そうですね。傾いてフラフラになってる方も珍しくありません。その過酷さは想像さえできないものがあります。
それでもみんな何度も出たくなるってなんなんでしょうね?
  • なみのり
  • 2018/05/16 12:20 AM
takakiさん☆ありがとうございます。
ホントに、一人ひとりが輝いてみえます。
takakiさんにも走りに来てほしかったなぁ。
  • なみのり
  • 2018/05/16 12:21 AM
ごろうさん☆ありがとうございます。
こちらこそ、ごろうさんの頑張りには大きな勇気をいただきました。
こんど、走りながらいろいろ話をうかがいたいです。
ぜひまた一緒に萩往還にいきましょう。
  • なみのり
  • 2018/05/16 12:23 AM
たこさん☆ありがとうございます。
たこさんにも走りに来てほしかったなぁ。
スタッフをやった経験はきっと役立つと思います。
なにより楽しかったのがいい思い出です。
  • なみのり
  • 2018/05/16 12:26 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

JOG NOTE

counter

●主なレース実績

○2008年12月21日(日)
第39回防府読売マラソン 3:42:00
○2013年5月4日 第23回山口100萩往還マラニック《70km》 7:45:23
○2013年6月1日
第13回しまなみ海道100kmウルトラ遠足 10:10:39
○2015年2月1日
第64回別府大分毎日マラソン 3;04:39
○2015年5月3日4日(祝)
第27回山口100萩往還マラニック《B140km》 18:51:08
○2015年12月20日
第46回防府読売マラソン 2:58:43

●mail

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM