なぜ走るのか?

「あなたはなぜ走るのですか?」という問いに、あなたは即座に答えられますか?

 

先日、としさんのblogを読んでから、こんな根源的な問いにうまく答えを出せない自分に戸惑っています。

 

「なぜ走るのか?」

 

●健康のため?

もちろん違います。健康のためなら、週に3回、長くて1時間程度のジョギングが適度でしょう。ペース走とか、スピード練習とかやりません。

 

●ダイエットのため?

うーん、それがメインの目的ではないかな?

 

●走るのが好きだから

うん、これは割としっくり来る答えですが、「なぜ好きなの?」と言われるとまた答えられない。確かに単純な話、走るその行為自体が好きなんだとは思います。いつまでも走っていたいと思うこともあります。でもそれだけなら、VO2maxとか、LTとか、難しいことを考えなくても楽しめると思います。だからこれが答えのすべてではない。

 

●成長し続けたいから

あれこれ考えると、これが今の自分の気持ちとしては一番しっくり来る答えでしょうか。43歳の終わりごろによちよちとジョギングを始め、46歳の初めごろにようやくフルマラソンを走るようになりました。その頃実感したのは、まだ自分は成長できるという感覚。正しい目的をもって正しく努力すればそれがちゃんと報われるという幸福。年齢を重ねてもそれが実感できるし、「成長」というのは例えば「記録」「順位」という尺度だけではないと思います。いつか自分ももう「自己新記録」が出せなくなる日がくるでしょうが、それはもう「成長できない」ということではなく、「記録」が出せなくなっても別の形での「成長」の形があるでしょう。ひとりひとりにとって「目標」をどのように設定するかは自由だし、その目標をひとつひとつ達成していくことで「成長」し続けることは人生の目的そのものではないでしょうか?

 

●仲間がいるから

これが最初の目的だったわけではないのですが、今となっては走る理由として欠かせないものになっています。大切な価値観を共有できる仲間がいることは、56年間生きてきた今、すごく新鮮で自分にとって大切なものになっています。50年以上も生きていると、いろんなしがらみだったり利害関係だけの人間関係にほとほと嫌気がさすこともありますが、仲間たちと走っている瞬間はそんなものを忘れて、辛いことや楽しいことを単純に分かち合うことができます。それがどれだけ貴重なことか、よくわかります。故障したときなど、時々孤独を感じることもありますが、そんな経験も誰もがすることだし、そういうのも含めて、お互いに高めあうことができるのだと思います。

 

 あらためて、昨日も書いた小平菜緒選手の言葉を思い出します。

 

 周りから見たら小さな変化かもしれないけど、日々進化を続けていくことが大きな成果につながる。それを継続できることが自分の強みだと思う。

 

 今日は休足日としました。回復させることも重要ですよね。

■今日のトレーニング
休足日
心拍数 平均---bpm 最高---pm(--%HRMax) 
トレーニング強度 有酸素--- 無酸素0.0
トレーニングステータス プロダクティブ
VO2Max 55ml/m/kg
体幹トレーニング(長友式)/約13分
adizero takumi ren boost3/172km
adizero Japan boost3 970km
nike epic react 807km
nike zoom fly 387km
tarther zeal 6 128km
今月累計:120.5km


Peace, hope, on earth.

1日1回クリックしてください。


人気ブログランキングへ

マラソン・ジョギングランキング

 

JUGEMテーマ:マラソン・ランニング


コメント
[辛いけど、楽しくて面白いから]でしょうか(^^?
あとは[やはり(父親の)ラン仲間が居るから]と言うのも、ありますね(^∇^)

ちなみに…僕は「成長」ではなく「退化」していってます(笑)
タイムを狙って練習し、大会に出て、結果に一喜一憂し、また次を目指す。
そのサイクルが楽しくて走っれいます(走っていました)。
その過程を仲間たちと語り合うのも楽しいです。
なみのりさんの「成長し続けたいから」「仲間がいるから」と同じかもしれません。
ただ、前提の「タイムを」が崩壊しています。
なので、その代わりを模索中です。
お久しぶりです。
なぜ走るのか?
究極の問いかもしれませんね❗
「仕事では得られない、若しくは仕事とは違った自己実現、自己達成感、自己充実感が得られる」のもあるかなと思います❗
  • 同世代ランナー
  • 2018/11/13 6:59 AM
自分は楽しいからかな
楽しさは多分、なみのりさんが書いてある
ようなことが繋がっています
今の自分と向き合い何かに努力して
結果に繋がるが楽しいんだと思います
お久しぶりです。
このテーマ、今私が一番関心を寄せている
ところです。
週末ランナーの私にとって「run」は
止めた時の様々なハレーションを恐れての
強迫観念が継続させているような・・・。

その一方で、「run」を切り口に新たな
仲間、社会との接点ができたこと、また、
一緒に走ることでその日の課題がクリア
出来た時の達成感。
そういった素直に喜べる事が味付けとなって、
続いているように感じています。

久々に村上春樹の「走ることについて語る
ときに僕の語ること」を読み直してみよう。

防府も迫ってきました。頑張りましょう。
  • ペケポン
  • 2018/11/13 3:45 PM
なみのりさんのブログ、タイムアップのための理論やランニングのいろいろなデータを読むのもとても勉強になりますが、今日のようなテーマの内容を拝読するのも好きで何度も読み返しました。ダイエットや健康のために走り始める方は多いでしょうが、続けていくのは続けている人だから共感出来る思いがあって。結局やめられないんですよね^_^
  • YUKI
  • 2018/11/13 10:45 PM
ものらんさん☆ありがとうございます。
ランの楽しみかたはひとそれぞれですね。
シンプルなことだけにいろんな楽しみ方ができるんですね。
  • なみのり
  • 2018/11/14 12:19 AM
としさん☆ありがとうございます。
やっぱり速く走りたいというのはあると思いますが、それだけではない気もします。
速く走れなくても成長は続けられると思うんです。
  • なみのり
  • 2018/11/14 12:21 AM
同世代ランナーさん☆ありがとうございます。
自己実現、達成感、充実感、まさにその通りですね。
仕事では得られない、または違ったものが得られるのが最大の魅力かもしれません。
うまく表現していただいてありがとうございます。
  • なみのり
  • 2018/11/14 12:24 AM
takakiさん☆ありがとうございます。
そうですね。努力し続けること、それが報われること、が一番楽しいですね。
  • なみのり
  • 2018/11/14 12:26 AM
ペケポンさん☆ありがとうございます。
ペケポンさんもお仲間がたくさんいらっしゃいますね。
充実したランを楽しんでおられるんだろうと、よくわかります。
また防府でお会いできることを楽しみにしています。
  • なみのり
  • 2018/11/14 12:27 AM
YUKIさん☆ありがとうございます。
仲間が大事、と書いて、その仲間の代表みたいな人からコメントをいただいてとてもうれしいです。
この感覚はなかなかうまく表現できないんですが、こうしてランを続けている人ならわかりますよね。
お互い、苦しい時を乗り越えてまた何かを掴み取りましょう!
  • なみのり
  • 2018/11/14 12:33 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

JOG NOTE

counter

●主なレース実績

○2008年12月21日(日)
第39回防府読売マラソン 3:42:00
○2013年5月4日 第23回山口100萩往還マラニック《70km》 7:45:23
○2013年6月1日
第13回しまなみ海道100kmウルトラ遠足 10:10:39
○2015年2月1日
第64回別府大分毎日マラソン 3;04:39
○2015年5月3日4日(祝)
第27回山口100萩往還マラニック《B140km》 18:51:08
○2015年12月20日
第46回防府読売マラソン 2:58:43

●mail

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM