ミスター・レナトカノーヴァ

 レナト・カノーヴァ氏はイタリア出身のランニングコーチ。

 アベル・キルイ、モーゼス・モソップ、ソンドレ・モーエンなど現在の世界のトップランナーを指導している、今世界で一番有名なランニングコーチでしょう。この方のメソッドを知りたいと思い、あれこれ探しているのですが、僕が知る限り日本語で書かれた彼の著作はありません。それどころか、ご本人が書いたコラム、ネット掲示板への投稿などでさえ、日本語で読むことができるものはほぼありません。

写真はお借りしました。

 僕は強烈に興味をもってここ1か月ちょっと調べているのですが、なにしろ英語で書かれているので理解するのに時間がかかります(^-^; しかもその理解が正しいのかどうかも実はよくわからない。

 まだ十分に勉強できたとは言えないのですが、自分が知ったこと、考えたことを整理する意味で一度ここでポイントを整理してみたいと思います。

 カノーヴァ氏のトレーニングの考え方で最も基本になる考え方は以下の通り。

 マラソンを走るためには、「長く速く」走るトレーニングが必要である。

 「ゆっくり長く」や「短く速く」では十分ではない。彼はレースペースの90%〜110%の間のペースを“specific”(専門の、特定の)と呼び、この幅の中でトレーニングを行うことを推奨します。中でも95%〜105%というまさに「特定の」ゾーンでの練習を推奨します。これはどのくらいのペースかというと、僕の場合先のシーズンのベストタイムからすると1キロ4:20くらいがレースペース(100%)。その90%のペースは4:46/km、95%は4:33/km、105%は4:07/km、110%のペースは3:54/kmということになります。5%違えば筋繊維の動き、乳酸の蓄積などまったく違ってくるので、それは違う目的の練習となる、といいます。

 この“specific”なペースで走る距離を徐々に長くしていくことで、持久力を身に着けていく、というのが基本的な考え方となっています。
 ただし長いトレーニング期間の中ではさまざまなペースで走るがあり、「基礎練習期(basic training)」「特別期(special)」「専門期(specific)」という期分けを行っていて、最終的には“specific”なペースでできるだけ長く走る練習を増やしていく、という流れのようです。

 とりあえず今日はこのくらい。では具体的にどんな練習メニューがあるのか?期ごとの練習の流れはどうなるのか?みたいなことはまたいずれ次回に。

■今日のトレーニング
休足日
心拍数(ave/max) ---/---
トレーニング強度 有酸素--- 無酸素0.0
トレーニングステータス アンプロダクティブ
VO2Max 57ml/m/kg
体幹トレーニング(長友式)/おやすみ
性takumi ren boost3 black/382km
adizero takumi ren boost3 red/59.7km
nike epic react 1180km
nike zoom fly 756km
nike zoom fly2 290km
今月累計:66.4km


1日1回クリックしてください。
人気ブログランキングへ

マラソン・ジョギングランキング



山口県の市民ランナーによる市民ランナーのためのラジオ番組。今週の出演者はアノ人!あなたの出番はいつ!?


最新の放送はこちらから

 


コメント
初めて聞いたお名前です。

「短距離走」と「長距離走」では、使う筋肉も変わってきます。
各種筋肉を鍛えることで「持久力」「(ラスト)スパート力」等、フルマラソンを走るのに必要な力を養えると言うことで、ありましょうm(__)m
ふ〜ん、確かに!
と思えるような感じですね。
でも、実行するのは難しそう(>_<)
どこからそんな情報を仕入れてるんですか?
退職後はコーチできそうですね♪
カノーバはNHKの奇跡のレッスンに出演し、コーチとして来日してます。番組を見ると彼の考え方がよくわかります&#10071;
ご覧になりましたか?オンデマンド見ることができればよいのですが、、、
  • 同世代ランナー
  • 2019/04/12 4:35 PM
ものらんさん☆ありがとうございます。
聞いたことないですよね。
僕も最近まで知りませんでした。
でも調べてみると興味津々です。
  • なみのり
  • 2019/04/12 11:32 PM
としさん☆ありがとうございます。
そうなんです。
「速く長く走る」って大変そうですよね。
それがどうやったらできるのか?勉強中です。
  • なみのり
  • 2019/04/12 11:33 PM
takakiさん☆ありがとうございます。
たまたまです(^-^;
でもこれまで聞いてた話と共通する点もあり、違うところもあり、とても興味深いです。
  • なみのり
  • 2019/04/12 11:35 PM
同世代ランナーさん☆ありがとうございます。
「奇跡のレッスン」ですよね。中学生の駅伝チームのコーチをするという。番組は見ていないのですが、文字起こしをしたネット記事は読みました。その影響もあり、もっと詳しく知りたいといろいろ調べています。
  • なみのり
  • 2019/04/12 11:37 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

JOG NOTE

counter

●主なレース実績

○2008年12月21日(日)
第39回防府読売マラソン 3:42:00
○2013年5月4日 第23回山口100萩往還マラニック《70km》 7:45:23
○2013年6月1日
第13回しまなみ海道100kmウルトラ遠足 10:10:39
○2015年2月1日
第64回別府大分毎日マラソン 3;04:39
○2015年5月3日4日(祝)
第27回山口100萩往還マラニック《B140km》 18:51:08
○2015年12月20日
第46回防府読売マラソン 2:58:43

●mail

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM