コーチ・レナトカノーヴァ氏のランニングメソッド(4)マラソン練習法/有酸素持久力

 レナト・カノーヴァ氏のマラソン・トレーニングメソッドは大きく分けて3つのフェーズに分かれます。


※この部分は、原文を読み込んだ上でのなみのりの解釈です。
1.有酸素能力 Aerobic Cpacity
 酸素をどれだけ活用できるかという能力=いわゆる最大酸素摂取量(VO2Max)

2.有酸素持久力 Aerobic Resistance
 有酸素能力の距離に対する耐性=持久力

3.専門的持久力 Specific Endurance
 マラソンレースペースという専門的領域で統合されたスピード持久力


 量と質を統合していくという概念図が上記の通りです。図はRunning scienceより
 昨日は1.について書きました。今日は2.について。

 その前に、今日のひとこと。的な。

「ケニア人ランナーのメンタリティは『正しいスピード』で走ること。欧米のランナーのメンタリティは『正しい距離』をはしること。」
 また別の記述では、
「20kmを60分(3:00/km)で走るトレーニングをする時、そのペースで走れないランナーはどうするか?欧米人のランナーはペースを落として(例えば3:15/kmで)20kmを走る。アフリカのランナーは3:00/kmで走れるだけ(例えば14km)走る。途中でやめてしまってもケロッとしている。」

 どちらがカノーヴァ氏の教えに近いか?もちろんアフリカ人の方です。多くの日本人は欧米人に近いのではないでしょうか?僕は少なくともそうでした。今シーズンはこれを変えていけるのか?

 さて前置きが長くなりました。では、今日の本題。
 


2.有酸素耐性の拡大 Training Aerobic Resistance

●有酸素能力がマラソンランナーにとって「質」の基本なら、有酸素耐性Aerobic Resistanceは「量」の基本である。
●過去には「ゆっくり長く」が距離を走る練習の基本であったが、今日我々は「ゆっくり長く」は「有酸素耐性」の拡大ではなく、ただの基礎練習でしかないと信じている。 ●ただし競技経験の浅いランナー(子供や若者)はそれには当てはまらない。
●経験豊富なランナーが「ゆっくり長く」走るのは、「回復」のためであったり、自分との対話に集中する時だ。

 

表2 Training Aerobic Resistance 有酸素耐性の拡大

※M.R.P.=Marathon Race Pace
※表の中のペース設定は原文ではキロ3分を基準に決められていますが、わかりにくいのでサブスリーペースのキロ4分15秒を基準に、同じ時間、距離で置き換えています。

 

●「長い持久走」はマラソン・レースペースの80%(サブスリー目標の場合5:00/km)で走る。「精神的集中」「筋肉、腱、関節の長距離への適合」の両方へ重要な効果がある。
出典:Running Science


 いかがでしょうか?カノーヴァ・システムの全容が少しおわかりいただけたでしょうか?あと2〜3日続く予定ですのでおつきあいください。明日はいよいよ最も重要な3.専門的持久力 Specific Enduranceについて。

 さて今日の練習ですが、少し仕事がおそくなってしまって、今日は33分6kmだけのジョグでした。風邪はもうほぼ大丈夫ですが、股関節痛はほぼ気にならなくなったものの、時々まだピリッとすることがあります。


■今日のトレーニング
休足日
心拍数(ave/max) ---/---
トレーニング強度 有酸素--- 無酸素0.0
トレーニングステータス キープ
VO2Max 56ml/m/kg
体幹トレーニング(長友式)/おやすみ
性takumi ren boost3 black/382km
adizero takumi ren boost3 red/59.7km
nike epic react 1192km
nike zoom fly 779km
nike zoom fly2 290km
今月累計:102.4km


1日1回クリックしてください。
人気ブログランキングへ

マラソン・ジョギングランキング



山口県の市民ランナーによる市民ランナーのためのラジオ番組。今週の出演者はアノ人!あなたの出番はいつ!?


最新の放送はこちらから

 


コメント
つまりは、[決めたペースで走れるまで走る]と言うことですね。
「ペースを落とし、決めた距離まで走る」よりも、疲れが蓄積しにくい様な感じではありますね(^∇^)

※子ども達の成長に繋がるのであれば、自分自身で答えを探すのも面白いものです(^^)d
とにかく設定ペースで走るということでしょうかね。
最初は距離が届かなくても、練習を重ねると伸びていく筈ということ?
藤原新さんがそのようなことを
言ってましたね…
続き楽しみにしています
ものらんさん☆ありがとうございます。そうですね。
でもほかにもいろんな特徴があります。
そのあたりわかりやすく表現できるといいのですが。
  • なみのり
  • 2019/04/17 11:58 PM
としさん☆ありがとうございます。
おっしゃる通りです。
でもことはもう少し複雑なようです。
なかなかわかりにくい話ですみません。
  • なみのり
  • 2019/04/17 11:59 PM
takakiさん☆ありがとうございます。
そうですか。
藤原新さんならカノーヴァ氏のトレーニングについて学んでるかもしれませんね。
もう少しお付き合いください。
  • なみのり
  • 2019/04/18 12:01 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

JOG NOTE

counter

●主なレース実績

○2008年12月21日(日)
第39回防府読売マラソン 3:42:00
○2013年5月4日 第23回山口100萩往還マラニック《70km》 7:45:23
○2013年6月1日
第13回しまなみ海道100kmウルトラ遠足 10:10:39
○2015年2月1日
第64回別府大分毎日マラソン 3;04:39
○2015年5月3日4日(祝)
第27回山口100萩往還マラニック《B140km》 18:51:08
○2015年12月20日
第46回防府読売マラソン 2:58:43

●mail

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM