コーチ・レナトカノーヴァ氏のトレーニングメソッド(5)マラソン練習法/特化型持久力

 なかなかわかりにくい話になってる気がしますが、レナト・カノーヴァ氏のマラソン・トレーニング・メソッド。今日は一番大事なところです。


3.マラソンに特化した持久力

●選手はこの前段階で高めてきた練習の質を、「マラソン・ペース特化型持久力」として最高のレベルまで強化していく。
●前の段階で高めてきた「有酸素能力Aerobic Capacity」「有酸素耐性 Aerobic Resistance」をここで完成させるのだ。
「有酸素能力Aerobic Capacity」の高い選手がレースで速く走れるわけではない。「有酸素能力Aerobic Capacity」に持久力を加えるか、「有酸素耐性 Aerobic Resistance」に強い刺激を加えるか、という発展性が最終段階での課題となる。
●この段階では、すべてがひとつの要素に集約される。身体ができるだけグリコーゲン消費を抑えることで、より長くスピードを維持できるようになることである。


表3:マラソン特化型持久力強化

※M.R.P.=Marathon Race Pace
※表の中のペース設定は原文ではキロ3分を基準に決められていますが、わかりにくいのでサブスリーペースのキロ4分15秒を基準に、同じ時間、距離で置き換えています。


「マラソン・ペース」はこの時期に最も最初に取り組むべきメニューだ。12kmの練習またはハーフマラソンレースへの参加はまさに適切な練習となる。
「マラソン特化型持久走(距離重視)」は近年最もよく用いられる練習法であり、めざましい成果をあげている。5×3000など短い距離から始めて距離を伸ばすとよい。
「マラソン
特化型持久走(強度重視)」は距離を減らして、より強度を高めたパターンである。
「マラソン
特化型ロング走」はレースのシミュレーションにもなる。

 と、最も重要なフェーズについてご紹介しました。これらのメニューの中では「マラソン特化型持久走(距離重視)」が最もカノーヴァ氏らしいメニューかもしれません。インターバルのようですがリカバリーがM.R.P90%前後(サブスリーの場合4’40”)と速く、これで30kmも走るのはかなりきつそうです。ほかの記述にもあるのですが、これによって「走りながら回復する(少しペースを落として乳酸を除去する)」というアフリカ人のような技術が身に着くらしい。

 このフェーズはいわゆる「強度(スピード)」「耐久性(距離・時間)」を融合させて“Specific(特化した・専門の)”に仕上げていくフェーズだと理解しています。ここまでの積み重ねがあって初めてうまくいくのだとも言えます。このあたり、長い期間をかけて仕上げていく、マラソン練習法のだいご味がここにある、と感じます。

 明日はいよいよこのシリーズ最終回の予定。ここまで書いてきたことをまとめてみたいと思います。

 今日は水曜日ですが、まだポイント練習はせず。少し股関節の痛みが残っています。acoさん、ヘンリー王子とのんびりジョグでした。

■今日のトレーニング
ジョグ 15.6km 1時間23分28秒(5:21/km)
心拍数(ave/max) 130・156
トレーニング強度 有酸素3.2 無酸素0.4
トレーニングステータス プロダクティブ
VO2Max 57ml/m/kg
体幹トレーニング(長友式)/約10分
性takumi ren boost3 black/382km
adizero takumi ren boost3 red/59.7km
nike epic react 1192km
nike zoom fly 795km
nike zoom fly2 290km
今月累計:114.0km


1日1回クリックしてください。
人気ブログランキングへ

マラソン・ジョギングランキング



山口県の市民ランナーによる市民ランナーのためのラジオ番組。今週の出演者はアノ人!あなたの出番はいつ!?


最新の放送はこちらから

 


コメント
様々な理論はあれど、それをどのように参考にして どのような練習に挑み 走力向上に繋げるかは、選手自身が最終的に考え・見つけ出すことになりましょう。

また、練習内容だけでなく[疲労を溜めにくい走り方(体作り・脚作り)][疲労を有効に抜く方法]等、疲れとの付き合い方も探ってみるのも有意義かも知れませんm(__)m
なみのりさん、上手くまとめて下さい(^_-)
ぼくにも分かるように〜。
いまは、何となくわかったかな… という状態です。
書いてある内容をイメージすると
フルマラソンに向けて
ハーフ大会2本とフルマラソン一回入れると
まあまあ走れるようになること?
(汗)
ものらんさん☆ありがとうございます。
そうですね。ひとそれぞれでいいと思います。
リカバリーも大切ですね。
  • なみのり
  • 2019/04/19 12:02 AM
としさん☆ありがとうございます。
今日なんとかまとめてみました。
少しはわかりやすくなったでしょうか?
  • なみのり
  • 2019/04/19 12:03 AM
takakiさん☆ありがとうございます。
いろいろ読んでいるととにかくいろんなペースで練習しながら徐々にレースペースに合わせ、少しずつ長くしていく、というイメージでしょうか?
  • なみのり
  • 2019/04/19 12:04 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

JOG NOTE

counter

●主なレース実績

○2008年12月21日(日)
第39回防府読売マラソン 3:42:00
○2013年5月4日 第23回山口100萩往還マラニック《70km》 7:45:23
○2013年6月1日
第13回しまなみ海道100kmウルトラ遠足 10:10:39
○2015年2月1日
第64回別府大分毎日マラソン 3;04:39
○2015年5月3日4日(祝)
第27回山口100萩往還マラニック《B140km》 18:51:08
○2015年12月20日
第46回防府読売マラソン 2:58:43

●mail

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM