やっぱり痛風?

ランニングを始めてから、痛風発作は影をひそめていました。

それまでは痛風持ちと分かっていながら、痛くないときは病院に行ったり薬を飲むことも怠り、年に2〜3回発作に襲われた時だけ痛い足をひきずりながら病院に行き、薬もらって痛みが治まったらまたもとのもくあみ。という生活を続けていましたが、ランニングを始めてからは、
「発作が出て痛くなったら走れない」
「そんなのイヤだ!」

という思いからマメに病院に行き薬を飲み、定期的に検査をし、おかげで良好な状態を保っていました。

だから自分の中では「この調子ならもう痛風発作がでることはないだろう」みたいなおごりがあったかもしれません。
今回の足の甲の痛みはどうやら痛風の可能性がかなり高いと自分では感じています。

でも痛風ならある程度つきあい方もわかっているし、この夏前まではずっと尿酸値も正常範囲を保っていたので、今回の痛みもそんなにひどくはならないはずです。

昨日痛み止め(ボルタレン)を飲んで寝て、今朝はかなり痛みは引いていました。
これなら明日からは走れるかな?
と思いましたが、昼間は仕事でなんだかんだと動き回ることもあればデスクワークでじっとしていることもあり、だからかどうかわかりませんが夕方になってちょっと痛みが復活気味。
なので明日もう1日休もうかな?

もう今週は疲労回復週間と決めました!
休むときはしっかり休むとしましょう!

◆今日も休養
●0km
今月累計75.6km(目標320km)

ありがとうございます。今日もクリックお願いします

人気ブログランキングへ

JUGEMテーマ:スポーツ

コメント
夏場は乳酸値が9を超えますが、その他の季節は正常範囲内に戻ります。
現在はユリノームを2日に1回服用してます。
(実際は2〜4日に1回)

じつはぼくは、痛風の痛みよりも故障の方が「痛みが大きい」と思っています。
痛風の発作を3日ほど故障の痛みだと我慢してましたので…(^^;ゞ
としさん、ありがとうございます。
僕はミニプラノール(だったっけ?)を1日1錠飲んでましたが、9月の検査で高い尿酸値が出てから1日2錠になりました。それで尿酸値が下がって発作につながったのかな?
僕の今回の痛みなんかは痛風発作としてはずっと軽い方で、靴もはけない、立っていられない、何にも集中できない、といった痛みを何度か経験しています。でもランニングを始めてからはそんな痛みとはおさらばできています(^^)b
  • なみのり
  • 2008/11/06 11:19 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

JOG NOTE

counter

●主なレース実績

○2008年12月21日(日)
第39回防府読売マラソン 3:42:00
○2013年5月4日 第23回山口100萩往還マラニック《70km》 7:45:23
○2013年6月1日
第13回しまなみ海道100kmウルトラ遠足 10:10:39
○2015年2月1日
第64回別府大分毎日マラソン 3;04:39
○2015年5月3日4日(祝)
第27回山口100萩往還マラニック《B140km》 18:51:08
○2015年12月20日
第46回防府読売マラソン 2:58:43

●mail

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM