第19回ピクニックラン桜江でリベンジ!

 行ってきました。「第19回ピクニックラン桜江」!
 車で約2時間ちょっと。島根県江津市の山あいで開催される大会です。2年前にも参加して、暑さと後半の激しいアップダウンに完全にやられて、あまりいい思い出のない大会です。

 今日走ったコース↓

写真右側のスタートから左側のゴールまで、ワンウェイコースです。

 コースの高低差はこんな感じ↓

12km過ぎから上りが始まり、13.6kmからは本格的な山登りの様相・・・。約3kmかけて130mほど上り、いったん70mくらい急激に下って最後の3kmで再び130mほど上ってゴール!合計280mほど上るという厳しいコースです。

 前回2年前は4'30/kmのペース走として挑みながら暑さのため2km過ぎからズルズルペースダウン。後半のアップダウンはメロメロになって1時間47分もかかってゴールという体たらくでした。

 今年は、昨日書いたように前半は4'15/kmのペース走とし、後半のアップダウンはペースダウンは仕方ないとしてもできるだけ気持ちを切らさないように走りきることを目標としました。

 結果は↓




 幸い、今朝はそれほど暑くなくて、2年前に比べると随分いいコンディション。チームメイトのacoさんや、はるをさん、イマシンさん、OJさん達とエールを交わしつつスタート。ペケポンさんにもお会いしました(^-^)/
 距離表示が5km、10km、残り10km、7km、5km、4km、3km、2km、1km、といった感じだったので、ペースはAmbit3 runのラップタイムで管理しながら走りました。前半は狙い通り4'15/km前後のペースを刻み続け、心拍数は150台。5km過ぎからは日が出て暑くなってきましたが、それでも10kmまでは4'15/kmで粘りました。

 その後は後半のアップダウンに備えてやや楽に走りつつ、エイドではちょっと水を浴びてみたり。長い上りは予想通りハードでした。ペース云々というより、前半同様に心拍数150台をキープするよう意識しながら走りました。

 長い長い上りをいったん上りきるとしばらく激しく下り、ラスト3kmはまた上り。ここまでは覚えていたので覚悟していましたが、ラスト1.5kmからの最後の、そして最大の激坂0口0のことは忘れていました(;゚Д゚)!ヒイヒイ言いながら上るとあと1km。最後の踏ん張りです。最後の最後まで上り続けてゴール!

 ゴールタイムは1時間37分11秒。撃沈の2年前より10分速いタイムでした。コンディションは今年の方が断然良かったので単純に比較はできませんが、2年前のリベンジができたと言ってもいいのではないでしょうか。前半は4'15/kmのいいペース走ができたと思いますし、後半もペースは上がりませんがいい感じで追い込めたように思います。
 今日の結果をどう分析して夏の練習に活かすか、また考えてみたいと思います。

四葉のクローバーピクニックラン桜江のラップ(5kmごと)
21'16-21'11-24'55^26'38-3'22

 今日は会場でともに過ごしたacoさん、はるをさん、イマシンさん、僕の後輩のOJさん、ジョグ男さん、どうもありがとうございました虹まるで地元のレースのようにリラックスして臨むことができました。

■今日のトレーニング
ピクニックラン桜江 21.0km 1時間37分11秒(4'42/km)
アップ2.8km ダウン2.8km 
シューズ:adizero takumi ren boost(136km)
今月累計:229.3km


Peace, hope on earth.

今日もクリックお願いします!

マラソン・ジョギング ブログランキングへ


第19回ピクニックラン桜江

 皆様、昨日の防府読売マラソンのエントリー記事にたくさんのコメント、みなさんのエントリー情報、メッセージをいただきありがとうございます。ブログのアクセスも急に伸びて、やっぱり防府のことになると盛り上がるなぁと感じています。
 無事にエントリーできた皆さん、エントリーできなかったかたの分まで頑張りましょう。当日お会いできるのを楽しみにしています!

 そんな中ですが、今度の日曜日にひとつレースに出場します、という話を書くのを忘れていました。

 「第19回ピクニックラン桜江」です。

 島根県江津市で開催される21kmのレースです。ハーフではありません。あくまでも21km。2年前にも一度行ってますが(ピクニックラン桜江/大撃沈の巻)、なにしろ後半の聞きしに勝る激しいアップダウンに戦意喪失したのを思い出します。振り返ってみると1時間47分もかかってました(^-^;; レースの体を成していません。でもまあ、この時期つい練習もだらけてしまいそうだし、月に1本くらいはレースを利用して追い込んでみるのもいいだろう、ということでエントリーしました。

 前回の自分のブログ記事にあった高低図をみると、

 後半180mを駆け上っていったん100mほど下り、再び150m上るというコース。思い出すと、後半はもう止まらないように、歩かないように前へ進むというか上っていくのが精一杯でした。

 さてさて、どんなレースになるのか怖くもあり楽しみでもあり。フィニッシュ後に振舞われるスイカが瑞々しくて美味しかったので、それを楽しみに頑張ってみたいと思います(^-^)v

------------------------------------------------------------

 さて今日の練習はゆるジョグ。acoさん、はるをさんとご一緒しました。後半にはacoさんのお伴で3kmのペース走を実施。また最後にはヘンリーさんも合流しました。

■今日のトレーニング
ジョグ  12.1km(アップ9.5kmダウン2.6km)
ペース走 3.0km 13分46秒(4'35/km)
シューズ:adizero Japan boost2(825)
今月累計:168.7km


Peace, hope on earth.

今日もクリックお願いします!

マラソン・ジョギング ブログランキングへ


 

マラニックはこうでなくっちゃ!?/周防大島スーパーマラニック2015(2)

周防大島スーパーマラニック50kmの完走レポート後半です。

 25kmまではほぼ思った通りのペース(キロ5分くらい)で走れていましたが、30km近くなってくると急にしんどくなってきて、それまでのように軽快に脚が出なくなりました。



 31kmの観光協会エイドでは、道の反対側にエイドがあるのですが、ここも歩行者用の押しボタン信号にスタッフが張り付いてボタンを押してくれるホスピタリティ。飲み物もお氷でしっかり冷やしてありました。このあたりも手作りながら行き届いた運営のまごころを感じました。

 コースは基本海沿いに島をぐるりと回るので間違えるポイントは少ないのですが、間違えそうなところではスタッフがちゃんと案内をしてくださいます。35kmくらいだったでしょうか。後ろからいいペースのランナーが追い抜いていきました。僕よりはやや年配の方ですが、軽快な走りです。抜かれたことでおそらくは4番目か5番目か?



 36kmのエイドではドリンクの他にジャムを添えた小さなパンが2切れ供されていました。パンをもぐもぐと頬張りましたがジャムをつけるのを忘れてそのまま紙皿をゴミ箱へ。そしてスタートしようとしたその瞬間になって、そこが有名な手作りジャムの店“jam's Garden”だったことに気づきました。つまりこのエイドのメインディッシュはパンではなくてジャムだったのです!ここでジャムを味わえなかったのは今回最大の心残りです!?
 さらにこのしばらく先で初めてコースがわからなくなりました。小さな交差点ですが目印がなくてしばらく立ち往生。仕方がないのでスマホを取り出して地図アプリで現在地と進行方向を確認。そんなことをやっている間に後ろからきたランパン・ランシャツのランナーが、「こっちですか?」と迷っている僕に訪ねながらもどんどん先へ行ってしまいました。結果的にはこの道で間違っていなかったのですが、このロスタイムでもう記録としての興味はなくなってきました。

 GPSで測った42.195km付近の通過時間は3時間38分くらいでした。このコースはトータル51kmだそうなので、このあたりでは4時間20分くらいのタイムを予想していました。

 ランパン・ランシャツさんはこのあとで追いついてまた僕が前へ出ました。さらに、スタート時にかなり先へ行っていたランナーがかなりペースダウンしているところに追いつき、軽く声をかけて前へ出ました。これでたぶん4番目くらいか?このあたりは、以前チームで「大島1周駅伝」に出た時に僕が担当した区間を逆走するかたちなのでコースも少しわかります。できれば残り5kmからはペースアップしたいと考えていました。

 さああと5kmだ、というあたりで、前の方にまた一人ランナーが見えてきました。徐々に差は詰まってきているようです。競走じゃない、マラニックだと言いながらも、こうなると追いつきたくのはランナーの性ですよね(^-^; よし、あの人を抜けば3番だ、と欲を出したとたん、左ハムストリングスが前触れもなく「ビシッ!!」と攣りました。苦痛に顔を歪めながら、足を引きずるように前へ進みます。経験上こういう時は少しでも動いていないと余計に痛くて動けなくなります。
 横の石垣に手をついてハムストリングスを伸ばしていると、後ろからランパン・ランシャツさんがまた追いついてきました。「大丈夫ですか?」と声をかけていただき、立ち止まろうとしていましたが、「脚が攣っただけなので、しばらくすれば動けますから大丈夫です」と先に行っていただきます。



 また少しずつ走れるようにはなってきましたが、後の5kmが長かったこと!ラスト700mくらいでしょうか、ようやくここまで来た!というところでチームのKキャプテンが登場!オロナミンCの金色のやつを差し入れてくれました。キャプテンの男気に感激!

 最後で思わぬ試練に見舞われ、ヨロヨロになってゴールしました。ひとまず50kmを無事に走りきれたことを素直に喜びたいと思います。

 ゴール後には、最後に抜かれたランパン・ランシャツさんが僕を気遣って「大丈夫でしたか?」と声をかけてくださいました。少しお話しましたが、下関から来られた方で、下関海響マラソン防府読売マラソンにも毎年出ているらしいので、きっとまたどこかでお会いできるでしょう。

 大島の魅力は十分お伝えすることはできなかったように思いますが、時間が大らかなに流れているような大島という場所だから成り立つかもしれないこういう大らかなマラニック。ゴール後の時間も、チームのみんなの帰りを待ちながら、リラックスして心地よく過ごすことができる素敵な大会でした。
 主催者、関係者の皆様の熱意と真心が感じられるいい大会でした。ぜひ来年も参加したいと思います。またこういう大会を地域の皆さんに理解していただいて、いつまでも続けて行けるように我々ランナーも努めなければならないと感じました。

後半のラップ
時計5'08-4'57-5'25-5'11-6'24-5'50/km '24-5'50

 スント・アンビット3ランはまだ届きませんが、今日はある別の時計が届きました。これについてはまた明日。

■今日のトレーニング 
疲労回復ジョグ 9.9km 1時間00分48秒(6’08/km)
シューズ:アディゼロJapan boost2(594km)
今月累計:102.5km


Peace, hope on earth.

今日もクリックお願いします!

マラソン・ジョギング ブログランキングへ



マラニックはこうでなくっちゃ!?/周防大島スーパーマラニック2015(1)

 さて昨日6月7日に走った「周防大島スーパーマラニック」を振り返ります。

 この大会は広島マラニック倶楽部さんという団体の主催で初めて行われました。主催は広島のみなさんですが、会場は山口県です。50kmの部と100kmの部があり、僕が参加したのは50kmの部でした。


大島大橋通過中

 チームメイトのジェリー選手とacoさんと同乗して会場入り。現地ではるをさんとお会いして、スタート前の時間をリラックスして過ごしました。スタート1分前になっても、スタートライン付近にはみんな遠慮して誰も並んでいません。こんなゆるい大会は初めてだ!?いやこれは大会ではないのです。マラニックなのです。順位表彰はなし。タイム計測のチップもなし。タイム計測があったのかどうかも不明。というゆるーい感じ。



スタート前にみんなで1枚。

 そういえばスタート数分前に「なみのりさんですね。」と声をかけていただいた方、どうもありがとうございます。お名前も聞かずに失礼しました。良かったらコメントなど残してくださいね。

 スタートしてからもみんなあまりにもゆっくりで、僕も最初はアップがてらにかなりゆっくり入ったつもりですが、スタートして数百メートル行くうちには前に10人くらいしか見えなくなっていました。

 萩往還と同じようにこの日も左手にEPSON 710Sを、右手にTIMEXをはめてスタート。距離がわからないのでEPSONを5kmごとのオートラップに設定しておきました。目安としてはキロ5分のつもりなので、5kmを25分です。

 僕のこの日のテーマは二つ。
四葉のクローバー 萩往還140km以降、25km以上は走ったことがないのでちょっと距離に不安はありますが、ロング走の一環としてキロ5分でどこまで走れるか?
四葉のクローバー 周防大島の景観や、できれば生活感なども写真に記録してブログを見てくださる皆さんにお伝えしたい

 結果としては、どちらも失敗に終わったようです(^-^;

 スタートして、どうやら上位の2〜3人は飛び出して行って遠く離れていきましたが、あとは数十メートルごとに並んで進んで行きます。懸念されたほどに気温は高くなくて、空は雲に覆われていて、比較的走りやすいコンディション。身体が温まってくると少しずつペースアップしていきます。でもちゃんと写真を撮るのを怠らないように。


瀬戸の海は今日も穏やかでした。


防波堤と釣り人たちとまあるい島

 6kmのエイドを過ぎたあたりではほぼ単独走になりました。時折前のランナーに追いついて短い言葉を交わしたり、というのも、萩往還マラニックを経験していると少し手馴れてきたような気がします。こういうマラニックではただ速さを競うのではなく、抜いたり抜かれたりする時にも互いに気遣う意識というのを萩往還マラニックや今回の周防大島で学んだように思います。

 10kmあたりから25km過ぎまでは、地元山口県の玖珂から来たという若いランナーとついたり離れたりしながら走っていました。このあたりはだいたい4'50/kmくらいで走行しつつ、エイドや写真撮影で少し立ち止まっては、という感じで平均4'57/kmくらいで走っていたようです。

 21kmくらい?で大島大橋をわたり、23kmでは果子乃季エイドでおいしいゼリーをいただきました。

走行中に見た大島大橋

 25km過ぎまでは本当に気楽に走れていて、30kmを過ぎたら少しペースをおげてみようか、ネガティブスプリットでいけるかも知れない、なんて勝手に期待を膨らませていました(^-^;;

ここまでのラップ
時計 25'20(5'04/km) - 24'58(4'59/km) -24'57(4'59/km) -24'44(4'57/km)

 このレポートはあまり長くするつもりはないのですが、今日はこの辺で。明日に続きます。

 スント・アンビット3ランが届くまであと何日!?

■今日のトレーニング 
休足日 0km
シューズ:
今月累計:92.6km


Peace, hope on earth.

今日もクリックお願いします!

マラソン・ジョギング ブログランキングへ



周防大島スーパーマラニック50km完走しました。

 走ってきました!周防大島スーパーマラニック50km

 今日走ったコース↓

 「今ここで50km走る意義が見いだせない」なんて一見哲学者のような?いやいや子どものヘリクツのような?ことを言ってましたが、とりあえずキロ5分で走り通すことが目標に、ロング走練習の一環として参加しました。

 結果は
4時間29分34秒(5'17/km)・・・自分の時計

 キロ5で行けたのはまあ30kmまで。後半は徐々に疲れが増す中、落ちてくる上位のランナーを抜いたり、元気なランナーに抜かれたりしつつ、全体3番目くらいをうかがいながらもラスト5kmでまさかのハムストリングス痙攣!しばらく立ち往生してあとはゴールするのが精一杯。全体5番目くらいでしょうか?マラニック大会なので順位表彰とかはないのですが。記録の計測もないかも?

 詳しくはまた明日にでもレポートしてみたいと思います。

 この大会は初めて開催された大会で手作り感満載。計測チップもなし。順位もなし。エイドも一部準備が間に合わず。みたいな感じでしたが、スタッフのみなさんの熱意とホスピタリティが感じられる、心あたたまる大会でした。運営スタッフが、先のエイドの準備やランナーの管理のために自転車や車で走行中の僕たちランナーを抜いていく度に「頑張ってください!」「お疲れ様です!」「ナイスラン!」と声をかけて下さるのにすごく元気づけられました。そして周防大島(すおうおおしまと読みます)の素晴らしい景観にあらためて感動。

写真は帰り際の日没前、温泉を出発したところで撮ったものです。

 あれは25km過ぎだったでしょうか?僕と、もう一人併走していたランナーに向かって、道の反対側から地元のおじさんが「こりゃ何かの大会かの?」と大声で問いかけてきました。走りながら僕が「大会!」と大声で答えるとおじさんは「大島1周かの!?」(〜かの?という疑問形は地元の方言です)とさらに問いかけてきます。僕は「100kmの部と50kmの部があって、100kmは大島を1周するけど僕は50kmで・・・」と説明するのは面倒なので、走りながら「1周!」と大声を上げながら指を1本高々と上げて答えました。
 するとしばらく進んだところでおじさんが軽トラに乗ってどこかへ行く途中だったのでしょう。通過しながら僕たちに「頑張れよ!」と声をかけてくださいました。僕は大島1周はしていないけど、おじさんありがとう。他にも、こういう大会を開催していることを知ってか知らずか、多くの地元の方が声援を送ってくれました。

 今日はチームから100kmに3名、50kmに僕を含めて3名が参加しましたが、見事に全員完走!中でもヘンリーさんがついに念願のサブ10を達成しました!おめでとう!

 スント・アンビット3ランが届くまであと何日!?

■今日のトレーニング 
周防大島スーパーマラニック 51.0km 4時間29分34秒(5'17/km)
お迎えダウン? 1.0km
シューズ:スカイセンサーグライド2(594km)
今月累計:92.6km


Peace, hope on earth.

今日もクリックお願いします!

マラソン・ジョギング ブログランキングへ



周防大島スーパーマラニック前夜

 明日は「周防大島スーパーマラニック」50km。

 さきほど、ほとんど初めてコースの地図をまじまじと眺めていると、風光明媚な周防大島をぐるりと1周するこの大会も、萩往還に負けず劣らず山口県の濃密な部分を味わえるいい大会だなぁと思えてきました。家からほんの1時間ちょっとの場所で100kmの大会が行なわれるのだから、これを逃す手はない、という気になってきました。

 来年はやはり100kmに出てみたいぞ(^-^;!

 家からわりと近いだけに、大会に出るという緊張感もあまりなくのんびりしていましたが、それでも明日は50kmを走らねばならないというこのジジツ
 水曜日にスピード練習をやった時にちょっと痛めたっぽい右のふくらはぎは、もう大丈夫と思うのですが念のためその状態をチェックしつつ、回復を促進するためのゆるジョグをしに今日も公園へ。
 自分の練習を終えたkoume師匠がちょうどいいタイミングで付き合ってくださって、前半はそれでも5'20/kmくらいのペースになりました。
 ひとりになった後半は少し落としてひたすらゆっくりと合計12km。走り終えて少しだけ張りを感じますが、昨日おとといよりは断然いいので安心しました。どうやら気にせず50kmを走りきれるでしょうか?

 明日は、レースというよりも周防大島の魅力をお伝えできるようなレポートが書けるように、スマホ片手に楽しく走ってみたいと思います。では(^-^)b!

 スント・アンビット3ランが届くまであと何日!?

■今日のトレーニング 
回復ジョグ 12.0km 1時間5分24秒(5'27/km)
シューズ:アディゼロJpan boost2(582km)
今月累計:40.6km


Peace, hope on earth.

今日もクリックお願いします!

マラソン・ジョギング ブログランキングへ




周防大島スーパーマラニック

 書くのを忘れていましたが、今度の日曜日にレースに出ます。地元山口県で初めて開催される「周防大島スーパーマラニック」です。100kmの部と50kmの部があり、僕が出るのは50kmの部です。ラン友さん達の中には萩往還で250kmや140kmを走ってこの周防大島でまた100kmに出るという恐ろしい人達もいますが、僕はエントリーの時点で迷わず50kmを選択しました。チームからは100kmに3名、50kmに僕を含めて3名が出場します。

 周防大島というのは山口県東部にあり「瀬戸内のハワイ」と言われる(ハワイと姉妹都市提携をしている)風光明媚な大きな島で、100kmはこれをほぼ1周。50kmはほぼ半周といった感じです。萩往還を除いて、山口県で開催される唯一の本格的なウルトラマラソンの大会。ほぼ海沿いを走る素晴らしい景観が楽しめるコースです。

 周防大島の景観↓

 コース図はこちら

 のはずです。が、僕は今ここで50kmを走る意義がどうも見いだせないでいます(^-^;;

 ようやく萩往還140kmの疲れも癒えてきて、次のステップへ踏み出そうかというところでこの50kmをどう走るか?ここでまた疲労を溜め込んで本格的なトレーニングへ復帰するのが遅れては意味がありませんし。
 もうファンランと割り切って景色を楽しみながら走るのか?参加人数も少ない(50km男子は100人ちょっと)ので、上位入賞(ってのがあるのかどうかも知りませんが)を目指して頑張るのか?いろいろ考えましたが、今のところは、あくまでのトレーニングの一環として、今の状態で超ロング走としてどこまで走れるかにトライしてみたいと思います。ペースとしては5'00/kmくらいから始めて、できれば後半ペースを落とさずにいければ御の字という感じでしょうか。

 今の予報では当日は曇りで最高気温27度くらい。気温は高めで辛いマラニックになる予想もできますが、あまり疲れを溜め込まないように楽しく走ってみたいと思います。

----------------------------------------------------------------------------------------
 今日は夕方から雨になり、多少の雨なら走るつもりでいましたが、どんどん強く降り始めたので昨日に続いての休足日となりました。やれやれ。明日は軽くスピード練習をやってみたいと思います。

■今日のトレーニング 
休足日
シューズ:
今月累計:0km


Peace, hope on earth.

今日もクリックお願いします!

マラソン・ジョギング ブログランキングへ


3分45秒のドラマ/6時間リレーマラソン

 昨日(日曜日)は6時間リレーマラソンに参加し、夜はアフターを楽しみ無事帰還したもののグダグダになってとてもブログを更新する元気はなし。お休みをいただきました。

 6時間リレーマラソンは山口市の維新百年記念公園を会場として、昨年から始まった大会で僕たちも2回目の参加となりました。1周1kmのコースを最大10名のチームで何周走れるか、を競います。昨年は2人の「速すぎる助っ人」にご参加いただき、約300チーム中総合8位という予想外の好成績でした。今年は我がチームのネイティブメンバーだけ8人での参加ですが、どこまでいけるか?また自分としてはさが桜マラソンの2週間前の練習として、5km×2本のLTペース走をやりたいと思っていました。でもチームのみなさんをあまりお待たせしてはいけないので、とりあえず1kmごとのレペティションとして走ることにしました。

き 3'35-3'39-3'44-3'42
最初の4本は1kmずつ。最初からいきなり5秒ずつ落ちていきます。どうやら前日の萩往還ラン24.8kmが効いているようです。
き 7'56-7'51-7'59-8'02
途中から2kmごとにして少し平均ペースを落とすことにしましたが、落としてもやっぱりキツい。もうやめたくなりました。
き 3'52-3'55
最後の1時間は再び1kmに戻しました。

 そして最後の1本。

 ちょうどめぐり合わせでなみのりがアンカーを務めることになりました。終わりが近くなると最終的な周回数も見当がついてきますが、どうやら91周か92周か?といったところ。どうせなら92周までいきたい、とここで持ち前のマネージメントスキルを発揮したのがヘンリーさん。残り5人ほどを残したところで、92周を達成するためにはじき出された一人あたりの設定タイムは

にじ3分45秒!

 ほぼ6時間で10回走ってトータル14km走ってきて、ここで最後に3分45秒は微妙・・・・もう周回数なんてどうでもいいじゃないか、と正直思っていました。でも、ここへきてワンダーランナーチタローさんが本日ベストタイムで意地の3分45秒切り。そして続くアロハ!大先輩も魂の走り(後で聞いたところではこちらも今日のベストタイム)でアンカーの僕に残された時間は3分10秒くらい!(この時は知りませんでしたが、、アロハ!大先輩の快走でもう10秒ほど余裕がありました)でもタスキ渡しゾーンとフィニッシュ地点は約120mほどのズレがあって、アンカー区間はその分短くなっています。したがってここは3分40秒くらいのペースに相当します。
 タスキリレー直前に僕がアロハ!大先輩を見失うプチ・アクシデントがありましたが、ここまでくると僕も最後は行けるだけ行ってやろうという気になり、時計も見ずに突っ走りました。コース途中で仲間の応援に来ていた坐こってぃさんの声援を受けてラストスパート。外周コースからトラックになだれ込んだところでスタジアムの大型ビジョンに映し出された残り時間を確認すると「36秒」。残り100mほどなので、ここで時間内にゴールできることを確認しました。最後は5歳くらいのちびっこに激突しそうになりながらフィニッシュ!

 時計を止めるのを忘れていたほど放心状態だったのでタイムはよくわかりませんが、多分3分10秒〜3分15秒くらい。1kmに換算すると3分40秒前後だと思います。

 これで92周という周回を達成しただけでなく、なんと1秒差の総合25位で、チームなみのりは見事に飛び賞ゲット!

 リレーマラソンってやっぱり盛り上がりますね!!
Kキャプテン、アロハ!大先輩、ヘンリーさん、ワンダーランナーチタローさん、女子部のacoさん、kaoさん、セレブゆかさん、楽しい1日をありがとうございました!

 
写真はスタートの様子

なみのり激走中

おなじく

photos by aco

■昨日のラン
6時間リレーマラソン 15.0km 
アップ3.6km
シューズ:スカイセンサーグライド2(334km)
今月累計:275.7km


Peace, hope on earth.

今日もクリックお願いします!


マラソン・ジョギング ブログランキングへ


 

6時間リレーマラソン

 今度の日曜日、チームで「6時間リレーマラソン」に参加します。

 山口市の維新百年記念公園陸上競技場のトラックと外周を使った1周1kmのコースをひたすら周回するという大会で、昨年から始まって今年で第2回目です。昨年はお二人の「速すぎる助っ人」の参加を得て、一般の部8位という思いのほかの好成績でした。今年はいつものメンバーで昨年のようにはいかないと思いますが、楽しく走りながら、2週間後となる「さが桜マラソン」に向けたいい調整となるように工夫してみたいと思っています。

 リレーマラソンといえば、毎年9月に周南市で開催されている「24時間リレーマラソン」があり、チームのメンバーもほぼ同じなのですが、夜中になるとBGMも何もない中をただひたすら眠気と体力の限界に抗いながら走るという修行のような時間帯が続くのに比べ、6時間リレーマラソンは明るくて賑やかで楽しく走れるのがいいですね。


 今日は予定ではヒルトレーニングとしていましたが、昨日のトレッドミルの疲れが思ったより強く、チームの練習会での回復ジョグのみとしました。

■今日のラン
回復ジョグ 13.1km 1時間16分50秒(5'51/km)
シューズ:スカイセンサーグライド3号(1004km)
今月累計:232.4km


Peace, hope on earth.

今日もクリックお願いします!


マラソン・ジョギング ブログランキングへ



傷だらけのチーム/きららドームリレーマラソン2014

 きららドームリレーマラソンの結果を取り急ぎ。
 ※昨夜はアフターで盛り上がってブログ更新ができず、今朝は早めに出勤しなければならず早めに起きたので朝になってブログアップしています。

 当初9人で参加予定だった我がチームですが、メンバーの故障や当日アクシデントなどで結局集まれたのは6人。しかも昨年3位入賞した男女混合の部の参加条件(女性が2人以上)を満たせずにオープン参加ということになってしまいました。

 今日の参加メンバーはアロハ!先輩、キャプテン、ジェリー選手、ワンダーランナー・チタローさん、acoさん、なみのり。参加できたメンバーも故障明けだったり、マラソン明けだったりと、なかなか全開とは行かないコンディションでしたが、みんなモチベーションを落とすことなく頑張って、結局2時間43分49秒で昨年より4分タイムを落としながらも242チーム中総合12位(昨年よりひとつアップ)、男女混合の部3位(相当)という好成績でした!皆さんお疲れ様でした!またヘンリー・レジェンドさん、名監督でした!

 自分としては、防府読売3週間前のこの時期短い距離で無理に追い込んで故障してもいやなので、キロ4分くらいのペース走にしようかと思っていましたが、そういうチーム事情の中みんな頑張っているし、やっぱり走り始めるとそれなりに頑張ってしまうもので、思ったより追いこんでしまいました。

1本目 7'43 (3'55-3'48/av.3'51.5)
2本目 7'38 (3'55-3'43/av.3'49)
3本目 7'36 (3'49-3'47/av.3'48)
4本目 7'22 (3'49-3'33/av.3'41)

※4本目はちょうどめぐり合わせでアンカーとなり、ゴール地点は20〜30mくらい距離が短い。

写真を何枚か。
会場の様子↓


スタート直後のシーン↓

リレーゾーンの様子↓

なみのりとチームのみなさんとのゴールシーン↓

ゴール後に記念撮影(^-^)v↓

傷だらけで勝ち取った記録証↓

オープンの部優勝???うれしいような、意味がよくわからないような・・・

 また、アフターでは大変盛り上がり、その後久しぶりに得意の乗り過ごしを2駅ほどやらかしてしまいました!しかしもう最近は慣れたものでちゃんと折り返しの電車に乗って家にたどり着きましたとさ。

●今日のラン
リレーマラソン2km×4
アップ・ダウン 6.5km
シューズ:スカイセンサーグライド3号(555km)
今月累計:407.695km

今日もクリックお願いします!



 

<< | 2/6PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

JOG NOTE

counter

●主なレース実績

○2008年12月21日(日)
第39回防府読売マラソン 3:42:00
○2013年5月4日 第23回山口100萩往還マラニック《70km》 7:45:23
○2013年6月1日
第13回しまなみ海道100kmウルトラ遠足 10:10:39
○2015年2月1日
第64回別府大分毎日マラソン 3;04:39
○2015年5月3日4日(祝)
第27回山口100萩往還マラニック《B140km》 18:51:08
○2015年12月20日
第46回防府読売マラソン 2:58:43

●広告

●mail

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM